旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

ハンガリー編

ブダペスト観光にいい季節、治安や注意事項について

投稿日:

ブダペストは私の大好きな街で、今まで数回訪れております。訪れた季節は春、夏、そして冬でしたが、その都度、違う楽しさ、街の魅力を味わいました。年間を通じて楽しめる街と言っていいと思います。

その経験を踏まえて、ブダペスト観光に関して私のご意見を色々述べさせてもらいます。

ブダペスト観光の季節はいつがおすすめか?

ハンガリーの緯度は北海道と同じくらいです。さらに、内陸の国なので、いわゆる大陸性気候です。四季があり、夏と冬の温度差、1日の昼と夜の温度差が大きいのが特徴です。
まずはブダペストの気候ですが、まずは冬に関して、12月から3月にかけては最高気温は5−7度以下、そして夜には氷点下になる日もあります。そして雪が積もる日がある年も珍しくはありません。曇りの日が多く、カラッとした感じではないですね。

なので、寒い街を歩くのが苦手な人には向かない季節ですね。
ただし、ヨーロッパの主要な都市の冬はだいたいこのような天候です。

そんな冬のブダペスト、私は12月末から年越しを経験したのですが、電飾されたストリート、様々な屋台があるクリスマスマーケット、そこで飲むホットワイン、そして、ドナウ川のほとりでの年越しカウントダウンなどを楽しみました。この冬のブダペスト旅行では日本では得られない素晴らしい思い出を作ることができました。

次に、夏のブダペストですが、日中は猛烈に暑いです。しかし、夕方からは今度は比較的涼しい場合もあります。日本ほど蒸し暑さを感じないのは良い点です。
観光スポットを歩く時は、帽子をかぶったり、日傘をさしたり、日陰に入るように努める必要があります。また、水分補給を欠かさぬよう、常にペットボトルを保持する必要があります。

なので、体力がある若者にはブダペストの夏は向いているとは思いますが、体調に不安がある人にとっては避けたほうがいい季節かもしれません。
夏の楽しみとしては、私は屋外プールで泳いで日中を過ごしたこともあります。夏のブダペストは個人的には好きな季節です。

そして、春と秋ですが、暑すぎず寒すぎず、という点において、街の観光に最も適したシーズンと言えるでしょう。ただ、日によってはかなり気温が下がる場合があるので、上着や防寒用インナーなどを準備しておく必要はあります。

これらの情報をもとに、自分の趣向と合わせて旅行の季節を決めてください。

ブダペスト観光で治安に問題はないか

基本的には、ブダペスト市街地は日中に行動するにあたって治安が問題となるような場所はありません。

しかしながら、夜の街はまた別です。ブダペストの街の外灯の数があまり多くないせいか、大通り以外の通りは非常に暗いのが難点です。なので、夜間は、観光地として夜景スポットを訪れる以外にむやみに歩き回らないのが無難だと思われます。

また、私の知人が、夜のバーで客引きの言うがままに店に入って、ぼったくりの料金を請求されました。その人は、そんなお金は払えないと抵抗したら、目を殴られて、漫画に出てくるようなパンダのような目になってしまいました。もちろん笑い事ではないのですが、そう行ったことも起こりうると考えてください。

スポンサーリンク

ブダペスト観光で注意しておくポイントは何か

まずは、自分の体調管理です。日本との時差の関係もあり、旅の最初の数日は体調が万全ではありません。また、海外の水や食事が合わない場合もあります。なので、無理な旅の日程を立てず、余裕を持った時間配分にするのが無難だと思います。

続いて、今のヨーロッパの主要都市は、どこでも、深刻な問題としてはテロリストの標的であり、また、自分に直接降りかかる可能性がある問題としては、スリ、置き引き、盗難の被害があります。実際私の知人もブダペストの地下鉄内でスリの被害にあいました。そして、夜の街や人気のない場所では、あらゆる危険があると思っていいでしょう。

なので、不審な人物がいないかどうか周囲に常に気を配る。持ち物を肌身離さず、誰かしきりに接近してくる人物がいたらスリを疑う、そして、少人数で知らない夜の街には出歩かない、怪しい場所には立ち寄らない、ということが大切でしょう。

また、観光に関しては、ブダペストの公共交通機関(バス、電車、トラム、郊外電車)を使用した時に、適切な乗車券を持っていて、係員が提示を要求してきたときに速やかに提示できることが、不必要な違反金を取られないようにするためには大切です。

後は、節度を持った行動をとれば、問題になるようなことはないと思われます。

まとめ

ブダペストは四季があり、それぞれの季節にあった観光の特徴があります。また、治安は日中は大きな問題はありません。ただし、スリや置き引きは多発しておりますので、繁華街や公共交通機関では注意が必要です。また、夜の街は不必要な散策は避けたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

-ハンガリー編
-,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。