旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

ドイツ編 欧州旅行

ドイツのクリスマスマーケットのおすすめは?注意点と防寒対策について。

更新日:

12月のドイツ旅行といえば、クリスマスマーケットが有名です。

では、どこが楽しいのか、そして、どんな注意や防寒対策が必要なのか気になるところですよね。

そこで、ドイツのクリスマスマーケットのおすすめと注意点、防寒対策についてまとめました。

ドイツのクリスマスマーケットのおすすめは

ドイツのクリスマスマーケットの3大マーケット

ドイツの冬の街を楽しくするクリスマスマーケット、各地で開催されておりますが、その中でも、3大クリスマスマーケットと言われている都市があります。ドレスデン、シュトゥットガルト、そしてニュルンベルクです。私はこのうち、ドレスデンとニュルンベルクのクリスマスマーケットを体験しておりますが、この二箇所とも非常に楽しめました。

一つ上げるのならばやはりドレスデンですが、ニュルンベルグの町全体の雰囲気も捨てがたいものがあります。

ドイツのクリスマスマーケットの注意点は

その前に、まず、一般的なクリスマスマーケットの注意点を挙げておきたいと思います。
それは、スリ、置き引き、強盗、テロへの注意です。

昨年の年末のベルリンのクリスマスマーケットに暴走トラックが突っ込んで多くの被害者が出ました。

今年もテロが起こる可能性は、ヨーロッパ中どこにでもあります。

だから、常に楽しみながらも警戒心だけは心に残しておいてください。

不審者、不審な車、カバン、これらが周りにないかどうか、そして同行者の安全にも常に相互にチェックしてください。

自分が見えない部分を確認してもらえます。

ヨーロッパはどこでもすり置き引きの多いのが難点です。

人混みはもちろん彼らの最も得意とする場所です。

なので、貴重品は肌身離さず、そして、できれば上着の下の腹巻きに入れて絶対すりに合わないようにしてください。

財布とパスポートがすりにあったらその後の旅は悲惨なことになります。

あとは、時差の関係もあり、日本からの移動直後は非常に体調が不安定な場合があります。そんな時に長時間氷点下の街を歩くと、風邪をひいてしまったり、場合によってはさらに深刻な体調不良になったり事もあります。

対策としては、夜はしっかり寝る、水分をこまめに補給する、食べる機会にはきちんと食べておく、などが必要となります。

とにかく自分の体調への過信は禁物です。そして、酒類の摂取でも体調次第では酔いが思った以上に回ってしまう事がありますので、十分な注意が必要となります。

スポンサーリンク

ドイツのクリスマスマーケットの防寒対策

そして、非常に重要なのが、防寒対策です。ドイツの冬は日本よりもはるかに寒く、日中でもマイナス気温になる場合があります。人ごみとはいえ、その気温でマーケットを歩くためには、きちんとした防寒対策が必要です。

具体的には、頭には帽子、耳が冷たくなるのを避けるための耳当て、首をしっかり覆うマフラー類、そして、インナーはヒートテックなどの保温性の高いものを着て、その上に重ね着をして、しっかりとした上着を着ます。

ズボンもインナーが必要です。特に下半身の防寒対策は必要と思われます。さらに、雪が降って路面に積もったり、逆に日中に気温が緩んで溶けて、路上が氷の浮いた水たまりのようになる場合があります。

そこに普通の運動靴で足を入れてしまうと、0度の水がたちまち靴に浸みてきて靴下まで濡らして、非常に不快な状況となります。さらにしもやけなどの危険も上がります。

これを防ぐためには、防水のブーツなどを履いておくのが一番だと思われます。

このエリアは他の見所も沢山あります

地球の歩き方 A14 ドイツ 2017-2018【電子書籍】

まとめ

ドイツのクリスマスマーケット、おすすめは3大クリスマスマーケットのドレスデン、シュトゥットガルト、そしてニュルンベルクです。私はドレスデンがイチオシです。
ドイツのクリスマスマーケットの注意点と防寒対策をまとめました。くれぐれも犯罪に遭わず体調を維持して、楽しい旅にしてください。

スポンサーリンク

-ドイツ編, 欧州旅行
-, ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。