旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

技術革新

日本再進出の韓国現代自動車が「自信」、その理由とは? 欧州での売り上げ

投稿日:

 

2021年12月1日、韓国メディアは「12年ぶりに日本市場に再挑戦する現代自動車が自信を見せている」とし、その理由について報じました。

日本再進出の韓国現代自動車が「自信」、その理由とは?欧州での売り上げをまとめました。

現代自動車の日本進出の過去

現代自動車は2001年に日本に初進出したが、売上不振が続き2009年に撤退した。

現代ソナタという車を投入したが市場から無視されました。

現代自動車の日本に再び進出

最近また、日本市場に進出するための準備を進めているという。

現代自動車が再挑戦を決めた背景について、「電動化モデルに対する自信」を挙げている。

現代自動車は世界の自動車産業のパラダイムが「エコカー」中心に変化しているため、日本市場でも競争力を持てると判断した。日本の完成車メーカーが電気自動車の開発に消極的であることも影響を与えたという。

しかし、電気自動車の普及には社会のインフラ整備が不可欠であり、その点の市場調査はどうなのかという疑問は残る。

 

日本政府は今年1月、脱炭素政策の一環として2035年から新車販売は電動車のみとする方針を発表した。これも現代自動車が「今が適期」と判断した理由の1つで、「環境への関心が高まっている日本の消費者を攻略できる」と考えているという。

 

これも現実はどうなるのか不透明ではある。あくまで方針である。

スポンサーリンク

 

現代自動車関係者は「日本進出は世界の自動車産業の変化と未来を考えて長期的観点から慎重に検討している」とし、「進出する時期や車種などの細かい内容はまだ確定していない」と説明したという。

 

現代自動車など韓国車の欧州での売り上げ

 

EVを前面に欧州での販売増加…現代自動車グループ、独や英で「躍進」

現代自動車グループが、欧州主要国であるドイツと英国で大きく躍進している。「アイオニック(IONIQ)5」、「ニロ(Niro)」など、EV(電気自動車)を前面に出してエコカー企業としての地位を強化していると思われる。

10月19日、ドイツ自動車工業協会(VDIK)によると、現代自動車と起亜は今年1〜9月にドイツで12万9257台を販売したが、これは昨年同期比で8.7%増加した。現代が7万9773台、起亜が4万9484台を販売した。今年ドイツの自動車販売が1.2%減少している中、現代・起亜の販売はむしろ増加し、ドイツ国内現代車グループのシェアは前年同期比0.58%ポイント上昇の6.4%を記録した。

まとめ

日本再進出の韓国現代自動車が「自信」、その理由とは? 欧州での売り上げをまとめました。

日本再進出が欧州のようにうまくいくかどうか? これからに注目です。個人的予想ではまた失敗すると思われます。

 

 

 

ref .

https://www.recordchina.co.jp/b886026-s39-c30-d0191.html

スポンサーリンク

-技術革新
-, , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。