旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について

衆議院議員選挙の小選挙区「10増10減」案とは?自民党、立憲民主党、共産党の思惑は?

投稿日:

今年は参議院選挙がありますが、衆議院選挙は解散総選挙、いつなされるかわかりません。

その区割りに様々な思惑が出ております。

衆議院議員選挙の小選挙区「10増10減」案への自民党、立憲民主党、共産党の思惑をまとめました。

衆議院議員選挙の小選挙区「10増10減」案とは?

都市部で増やす 地方で減らす

衆院選挙区画定審議会(区割り審)は2月21日の会合で、衆院小選挙区を「10増10減」する区割りの基本方針をまとめた。小選挙区を巡る1票の格差を是正するためで、6月25日までに具体的な線引きを決めて岸田文雄首相に新たな区割り案を勧告する。

2020年の国勢調査の結果に基づき、東京の選挙区を5つ増やすほか、神奈川を2増、埼玉、千葉、愛知各県を1増とする。宮城、福島、新潟、滋賀、和歌山、岡山、広島、山口、愛媛、長崎の各県は1減とする。

区割り審は首相の諮問機関。3月2日の次回会合から線引き作業を始める。政府は区割り審の勧告を踏まえ公職選挙法改正案を夏の参院選後の国会に提出する。新たな区割りは法施行後の衆院選から適用される。

2020年の国勢調査で最も人口が多かった東京22区と最少だった鳥取2区の格差は2.096倍だった。1票の格差が広がると法の下での平等を定める憲法との整合性が問題となる。区割り審は格差が2倍未満となる案をつくる。

選挙区の数の割り振りは10年に一度の大規模な国勢調査をもとに改めるのが原則だ。衆院の定数が変わらない限り、30年に実施する次の調査結果が出るまで変えない。

選挙区線引きをする際の基本方針は

①市区町村は原則分割しない

②各選挙区の人口は最も少ない鳥取2区以上、その2倍未満とする

③1つの選挙区のなかに他の選挙区が入り込む「飛び地」は避ける

などを柱とした。

20年の国勢調査に基づき人口比により近い配分ができる「アダムズ方式」で小選挙区の数を配分することは16年に成立した衆院選挙制度改革関連法で決まっていた。

都市部の議席数が増えて地方が減ることへの反発 自民党

都市部の議席数が増えて地方が減るため、自民党内からは今になって地方の声が国政に反映しにくくなると見直しを求める意見も出ている。

同じ政党内で選挙区調整が難航する可能性もある。小選挙区が1減する10県のうち滋賀、岡山、山口、愛媛の4県は現在、自民党が県内の全選挙区の議席を持つ。選挙区の数が減れば現職議員同士で小選挙区の公認を争うことになりかねない。

基本方針では昨年の衆院選の当日の有権者数で1票の格差が2倍以上になっていた選挙区も境界線を引き直す。そのため主な区割り変更の対象は10増10減の15都県に、北海道、大阪府、兵庫県、福岡県を加えた計19都道府県になる見通しだ。

衆院選の議席配分の変更は16年成立の衆院選挙制度改革関連法に基づく。抜本的な変更は小選挙区比例代表並立制を導入した1996年の衆院選以来初めてだった。

スポンサーリンク

出典 www.nikkei.com/article/DGXZQOUA183380Y2A210C2000000/

自民党、立憲民主党、共産党の思惑は?

立民 小選挙区「10増10減」めぐる細田議長発言で改めて抗議

1票の格差を是正するため、法律に基づいて衆議院選挙の小選挙区の「10増10減」の実施に懸念を示している細田衆議院議長が

「『黙っておれ』という人もいるかもしれないが、そうはいかない」

立憲民主党は自民党に改めて抗議

立憲民主党の馬淵国会対策委員長は4月11日午後、自民党の高木国会対策委員長と会談し「立法府の長としての立場を逸脱するような発言を見過ごすわけにはいかない」と改めて抗議。

高木氏は「細田氏の発言は『地方出身の議員として、議長であっても言うべきことは言っていかなければならない』という趣旨だ」。

出典 www3.nhk.or.jp/news/html/20220411/k10013577791000.html

「10増10減」見直し発言 撤回を

小池氏、細田議長批判

日本共産党の小池晃書記局長は4月10日、衆院小選挙区を「10増10減」とする定数配分案について「黙っていられない。地方には地方の立場がある」などと述べたことに対し、

「この法案を6年前に衆院本会議で提案したのは細田氏自身であり、『黙っていられない』というのは、こっちのセリフだ。だいたい公正中立であるべき議長がこんなことを言うことは許されない」

と批判し、発言の撤回を求めました。

小池氏は、「小選挙区制という制度自体に問題があるのだから、小選挙区制を廃止して抜本改正するしかない」と主張

出典 www.jcp.or.jp/akahata/aik22/2022-04-12/2022041202_05_0.html

まとめ

衆議院議員選挙の小選挙区「10増10減」案とは?自民党、立憲民主党、共産党の思惑は?をまとめました。

<関連情報>

参院選挙2019予想、朝日新聞世論調査の結果。参院選改選議席数、与党は過半数を取れるか?

参院選挙2019予想、東京新聞世論調査。参院選改選議席数、与党は過半数超え?

産経FNN世論調査2018年4月の結果について。内閣政党支持率と麻生大臣辞任への意見の世代格差、ネットとの乖離

ロイター企業調査にて安倍首相続投を望む割合は73%。安定性重視とネットでの評価

読売新聞の最新世論調査の内閣政党支持率2018年4月下旬は?ネットでの支持率との差について

毎日新聞の最新世論調査結果2018年4月について。内閣政党支持率とネット調査の違いについて

2018年4月の日本テレビの世論調査結果、内閣、政党支持率について

世論調査の内閣支持率最新をNHKが発表。2018年4月の政党支持率の推移と調査方法について

衆議院選挙の年代別支持政党率とその分析

スポンサーリンク

-政治について
-, , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。