旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

アメリカンフットボール 日本のアメフト

ライスボウル2023 パナソニックインパルスvs富士通フロンティアーズと決定!試合開始時間、開催場所と中継について

投稿日:

学生アメフトチャンピオンと社会人アメフトチャンピオンとが対戦する恒例の新春の決定戦、ライスボウルが毎年1月3日に開催されていました。
2022年からは、社会人のチャンピオンシップ大会となることが決定しております。
ライスボウル2023の試合時間と中継についてまとめました。

ライスボウル2023 パナソニックインパルス進出 対戦相手は富士通フロンティアーズかエレコム神戸ファイニーズ

ライスボウルトーナメント・セミファイナルの第1戦は11日、大阪・ヨドコウ桜スタジアムで行われ、Division A 1位のパナソニック インパルスとDivision B 2位のオービックシーガルズが対戦。後半に2本のタッチダウンと2本のフィールドゴールで畳みかけたパナソニックが30対10で勝利。

パナソニック インパルスは来年1月3日に東京ドームで行われるアメリカンフットボール日本選手権プルデンシャル生命杯第76回ライスボウルへの出場決定!。パナソニックは2年連続9回目の出場となる。

パナソニックが佐伯眞太郎の33ヤードフィールドゴールで先制した後、オービックは高坂將太の37ヤードフィールドゴールと、クオーターバック(QB)ジェイソン・スミスからタイトエンド(TE)ホールデン・ハフへの9ヤードタッチダウンパスで10-3と逆転に成功。

パナソニックは強固なディフェンスのオービックを相手に、第2クオーターに入ってようやくエンドゾーンに到達する。QBジェイロン・ヘンダーソンからパスを受けたワイドレシーバー(WR)桑田理介がタックルを外して36ヤードのタッチダウンレセプションで試合を振り出しに戻した。

オービック、第2クオーター終盤にQBスミスが負傷退場。その後は小林優之がリリーフ登場したが、3つのインターセプトを喫するなど苦しみ、後半は無得点に終わった

後半パナソニックはオフェンスがリズムを取り戻し、ランニングバック(RB)ミッチェルビクタージャモーの11ヤードタッチダウンランで第3クオーターに逆転。さらにインターセプトから得た2度のチャンスをいずれも佐伯のフィールドゴールにつなげ、最後はラインバッカー(LB)ジャボリー・ウィリアムスがインターセプトリターンタッチダウンを記録して突き放した。

セミファイナル第2試合は12日に東京ドームで富士通フロンティアーズとエレコム神戸ファイニーズの対戦で行われる。

出典 https://xleague.jp/news/35849

富士通がエレコム神戸に勝利! ライスボウル連覇をかけてパナソニックと2年連続対決

12日、Division B 1位の富士通フロンティアーズと同3位のエレコム神戸が東京ドームで対戦。ライスボウル進出をかけた大一番は、全攻撃シリーズを得点につなげた富士通がエレコム神戸を39対21で下し、昨年に続いてライスボウル進出。

エレコム神戸のファーストドライブをスリーアンドアウトで止めた富士通は、自陣44ヤードからの攻撃でクオーターバック(QB)高木翼がリズム良くパスを決めて着実に前進。さらに、ワイドレシーバー(WR)サマジー・グラントが俊足を飛ばして相手守備を置き去りにしたところに、QB高木がドンピシャのタイミングでロングパスをヒット。34ヤードタッチダウンパスが決まり、富士通が幸先良く先制した。

スポンサーリンク

次の攻撃シリーズをフィールドゴールで加点した富士通は、続くドライブではQB高木とWR松井理己のホットラインが開通して43ヤードゲイン。一気に敵陣まで侵攻すると、ゴール前3ヤードからはランニングバック(RB)トラショーン・ニクソンがエンドゾーンへボールを運び追加点。

RBニクソンがパワフルな走りで81ヤードを獲得し、WR松井の6ヤードタッチダウンレセプションで得点を積み上げた。さらに前半終了間際にもキッカー(K)納所幸司が29ヤードフィールドゴールを沈めて、富士通は大量リードで前半終了

後半、富士通が最初のシリーズにフィールドゴールで加点するが、エレコム神戸のオフェンス、前半わずかパス28ヤードと低空飛行だったQBデビッド・ピンデルが、WRデビン・フェルプスへ54ヤードのパス、ゴール前6ヤードではQBピンデルがタイミングの早いパスで、WR内田大喜へタッチダウンパスを成功。エレコム神戸が初得点。

最終クオーター、富士通がQB高木とWR松井のコンビでこの日2つ目のタッチダウンパスを決めれば、エレコム神戸もQBピンデルの2ヤードタッチダウンラン。すると、富士通は、K納所がこの日4本目のフィールドゴールを成功させる。

試合時間残り54秒。21点を追うエレコム神戸は、QBピンデルが、RB白神有貴へタッチダウンパスを決めて、2点コンバージョンも成功させるが時すでに遅し。試合終了。

富士通は、QB高木がパス23回中21回成功、261ヤード、3タッチダウン。WR松井が5回捕球94ヤード、2タッチダウン、RBニクソンもラン7回138ヤード、1タッチダウンと。

昨季王者の富士通は、1月3日(火)に東京ドームで実施されるアメリカンフットボール日本選手権プルデンシャル生命杯第76回ライスボウルで、パナソニックインパルスと対戦する。

出典 https://xleague.jp/news/35891

ライスボウル2023 パナソニックインパルスvs富士通フロンティアーズ 試合開始時間と場所について

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2023年1月3日 試合開始 15:00 (開場 11:00 )
場 所 東京ドーム
試 合  日本社会人選手権決勝戦

ライスボウル2023大会概要 試合開始時間、開催場所 入場チケット販売中継について

スポンサーリンク

ライスボウル2023の中継放送

放 送: NHK-BS 1(生中継)※ 15 時 00 分~試合終了まで(予定)
配 信: X リーグ TV(https://xleaguetv.elevensports.jp/)でディレー有料配信

スポンサーリンク

まとめ

ライスボウル2023の試合開始時間、開催場所と中継をまとめました。

https://xleague.jp/news/34001?fbclid=IwAR0ZSK7lsc2NB33dGsDv973wBY_eCU5w-Z1eMzueK0sNFohndPfRmS8lBNU

<関連情報>
アメフト甲子園ボウル2020 関西学院大学が日本大学に快勝

JAPAN X BOWL 2020速報 オービックシーガルズ優勝!!

JAPAN X BOWL 2020の日程、対戦予想、ライブ中継、速報について

アメフトJapanXBowl2019の日程テレビ放送、組み合わせと優勝予想

ライスボウル2020日時、JAPANXBOWL甲子園ボウル2019の対戦カードと結果予想

アメフトX1Area決勝はアサヒ飲料クラブチャレンジャーズ vs アサヒビールシルバースター!日程と予想

アメフト西日本代表決定戦2019年、関学立命戦の結果と今後の日程、予想について

アメフト甲子園ボウル2019の日程テレビ放送、組み合わせと優勝予想

JAPANXBOWL2017富士通フロンティアーズの注目選手と見所、テレビ中継と速報

ライスボウルアメフトは大学社会人優勝チームの対決。試合時間放送速報の紹介

甲子園ボウル日大関学の結果と録画中継、ライスボウルの対戦相手について

JAPAN X BOWL 2017のチケットとライブ中継、速報について

スポンサーリンク

-アメリカンフットボール, 日本のアメフト
-, , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。