旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

日々の暮らし

仮想通貨とは何か、その種類と一覧について。仮想通貨取引所と販売所との違いについて説明

投稿日:

最近よく聞く言葉、仮想通貨、これって、いったい何なんでしょうか?

何やら、通貨のようだけど、そんな通貨はどこの国でも流通してなさそう。

で、これは一体実態はなんなのか、どこで手に入れたり出来るのか?知らない人も多いと思います。

そこで、仮想通貨とは何か、その種類と一覧についてまとめました。
そして、仮想通貨取引所、そして販売所との違いについてもまとめました。

仮想通貨とは、何なのか?

仮想通貨とは、「IT技術を利用して生み出された通貨」のことを指します。

これは、鋳造されている通貨とは違い、実際に手にとることはできません。

いわば、通貨の形をしていない通貨です。

アメリカなどではこの仮想通貨を支払いに利用できる店舗が現在の時点で増加中といわれています。

そして、この仮想通貨が高額の不動産や中古車の売買の取引に使用されたという例も出てきました。

そんな仮想通貨の中で、最も有名で代表的なものが「ビットコイン(bitcoin)」です。

現在の日本ではビットコインは主に投資・投機目的で用いられています。

そして、仮想通貨はリアルタイムで変動する相場であり、円やドルなどの実際の通貨と交換することもできます。

すなわち、通常の為替取引と同様に、仮想通貨と実際の通貨との間で取引がなされているのです。

スポンサーリンク

仮想通貨の種類と一覧は?

仮想通貨には色々な種類があります。

そして、それらの様々な種類の仮想通貨は銘柄ごとに価値が違っており、それが絶えず変動するため、株のような性質も有しています。

有名な、ビットコインは、その仮想通貨の銘柄の一つ、ということです。

今後価値が上がる見込みがある銘柄の仮想通貨を購入することによって、のちに「儲ける」ことも可能ですね。

仮想通貨の種類とは

仮想通貨の種類を見てみましょう。

世界初の仮想通貨は、ビットコインです。
これはナカモトサトシという、実態が不明な人物によって開発された仮想通貨で、当初は1BTCが0.225円でしたが、ここ数ヶ月で価値が急騰しています。

この仮想通貨は売買可能であり、短期的または長期的に売買することで儲けを出すことが可能ですね。

もちろん、逆に、株と同様、損をする可能性もあります。

現在、世界で仮想通貨は1000以上あるとされていますが、日本の仮想通貨取引所で取扱いをされている銘柄は限定されています。仮想通貨にはは詐欺まがいのコインや、脆弱性があるコインも多く含まれており、日本国内の取引所に上場するには金融庁の許可が必要となっております。

仮想通貨の一覧は?

Bitcoin以外の仮想通貨には以下のようなものがあります。
• Bitcoin Cash (ビットコインキャッシュ)
• Ethereum (イーサリアム)
• Litecoin(ライトコイン)
• Ripple (リップル)
• NEM(ネム)
• DASH(ダッシュ)
• Monero(モネロ)
• Ether Classic(イーサリアムクラシック)
• Lisk(リスク)
• Zcash(ジーキャッシュ)
• MONAcoin(モナコイン)
• Factom(ファクトム)
• COMSA(コムサ)

Coinmarketcapで毎週仮想通貨の時価総額ランキングが表示されていますので、そちらもご確認ください。
例えば最新の順位はこちらです。
1 ビットコイン(BTC)
2 リップル(XRP)
3 イーサリアム(ETH)
4 ビットコインキャッシュ (BCH)
5 カルダノ(ADA)
6 トロン(TRX)
7 ネム(XEM)
8 ライトコイン(LTC)
9 ステラ(XLM)
10 アイオタ(MIOTA)

仮想通貨取引所とは何か?

仮想通貨取引所とは、仮想通貨の流通、取引、購入を行える場所です。

この場合の取引とは、仮想通貨を売買することです。

日本には現在、この仮想通貨取引所が20社以上あり、それぞれ手数料やレバレッジなどが異なっています。

もし、仮想通貨を手に入れたい、とお考えの人は、どこかの取引所を利用することになります。大手の取引所は以下があります。それぞれの取引所の公式サイトに行って確認するか、価格.comで比較してください。

取引所と販売所の違いとは何か

仮想通貨には販売所もあります。
「取引所」と「販売所」の違いは取引を行う一般ユーザーが介在するかどうかが違います。

取引所では、株式市場と同様に仮想通貨を売りたい人と買いたい人が注文を出し合い取引を行う、というシステムとなっております。

一方、販売所では、その運営会社が仮想通貨を一般ユーザーに直接販売します。

この場合、違いは、販売所の方が手数料を数パーセント必要ですが、販売所なら「1BTCあたりの現在の価格」が掲示されているため、より一般の人にもわかりやすいですね。

まとめ

最近よく耳に入る、仮想通貨とは何か、その種類と一覧についてまとめました。そして、仮想通貨取引所、そして販売所との違いについてもまとめました。

スポンサーリンク

-日々の暮らし
-,

Copyright© 十人十色ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。