旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について 日本の政治

衆参同日選挙2019年の可能性について、最新の二階自民党幹事長と公明党の発言

投稿日:

今年は参議院選挙の年となっておりますが、衆参ダブル選挙になる可能性もが高いとされています。
一方、安倍首相の意向ははっきりはわかっておりません。
そこで、衆参同日選挙2019年についての最新の動向について、二階幹事長と公明党幹事長の発言をまとめました。

衆参同日選挙2019年の可能性について、最新の二階自民党幹事長の発言

自民党の二階幹事長が5月13日の記者会見で、夏の参院選に合わせて衆院選を行う、いわゆる衆参同日選についての質問に以下のように回答しました。

安倍晋三首相が判断すれば、党として全面的にバックアップして対応していく用意はある。

安倍氏が決断した場合は、協力に前向きな姿勢である、ということを示した。
自民党総裁の判断なので、当然協力するでしょう。

そして、同日選に向けた準備に関しての質問に関しては

現在でも、間断なく準備は進めている。
いつでも自民党の候補者を衆参並べて出せる。

とのことです。

党内はすでにそういう風向きでしょう。

スポンサーリンク

衆参同日選挙2019年の可能性について、公明党幹事長の発言

公明党の斉藤幹事長は5月13日、東京都内で講演しました。
その場において、同日選に反対する考えを重ねて示したとのことです。

衆参同日選挙への公明党の立場について

公明党が同日選挙を回避したい理由としては、国民が混乱、衆院選と参院選との意義の違い、さらに、政権を失うリスクについて語りました。

スポンサーリンク

現実は、衆参同日選をしないと参議院選挙だけでは負けるリスクがあるというのが自民党の分析です。そして、野党の選挙準備不足、共闘の難しさをついて、ダブルで快勝するというのが大方の予想です。

衆議院参議院同日選挙2019はいつ?7月21日?

衆議院を参議院選挙が予定されている7月21日の参議院選挙に合わせて解散させて、この日に衆参同日選挙、という流れになりそうです。

まとめ

今年2019年は参議院選挙が7月4日公示、21日投開票となります。
そして、その日に合わせた衆議院参議院同日選挙が取りざたされています。
二階幹事長と公明党の立場を説明しました。

<関連情報>

衆議院参議院同日選挙2019はいつ?7月21日?6月30日?
産経FNN世論調査2018年4月の結果について。内閣政党支持率と麻生大臣辞任への意見の世代格差、ネットとの乖離

ロイター企業調査にて安倍首相続投を望む割合は73%。安定性重視とネットでの評価

読売新聞の最新世論調査の内閣政党支持率2018年4月下旬は?ネットでの支持率との差について

毎日新聞の最新世論調査結果2018年4月について。内閣政党支持率とネット調査の違いについて

2018年4月の日本テレビの世論調査結果、内閣、政党支持率について

世論調査の内閣支持率最新をNHKが発表。2018年4月の政党支持率の推移と調査方法について

衆議院選挙の年代別支持政党率とその分析

スポンサーリンク

-政治について, 日本の政治
-, , , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。