旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について 日本の政治

参議院選挙予想議席数2019!日経新聞7月世論調査。与党が過半数超えか。

投稿日:

参議院の選挙が2019年7月21日に行われます。残り日数も少なく、各党、各候補者、必死の選挙戦を戦っております。

与党、野党、どれだけの議席を確保できるのか、それとも躍進するのでしょうか?

そこで、日経新聞の紙面から、参議院選挙2019予想について最新情報をまとめました。

参議院選挙予想議席数2019!日経新聞7月世論調査

7月21日に投開票される参院選について、日経新聞が記事を発表しました。

日経リサーチが7月12~14日、携帯電話と固定電話を対象に乱数番号(RDD)方式で電話で実施しました。
この調査では、全国の有権者5万646人を対象に2万6826人の有効回答を得ました。回答率は53.0%でした。

この結果が以下の通りです。

スポンサーリンク

参議院選挙予想議席数2019!改憲勢力3分の2に迫る勢い

各党の予想獲得議席数は日経によると以下の通りです。

自民党

非改選56 改選66
比例区予想獲得議席数 19〜22
選挙区予想獲得議席数 34〜46
合計予想獲得議席数  53〜68

公明党

非改選14 改選11
比例区予想獲得議席数 7〜8
選挙区予想獲得議席数 3〜7
合計予想獲得議席数  10〜15

立憲民主党

非改選15 改選9
比例区予想獲得議席数 9〜11
選挙区予想獲得議席数 6〜13
合計予想獲得議席数  15〜24

共産党

非改選6 改選8
比例区予想獲得議席数 4〜5
選挙区予想獲得議席数 2〜8
合計予想獲得議席数  6〜13

日本維新の会

非改選6 改選7
比例区予想獲得議席数 3〜4
選挙区予想獲得議席数 1〜6
合計予想獲得議席数  4〜10

国民民主党

非改選15 改選8
比例区予想獲得議席数 1〜2
選挙区予想獲得議席数 3〜4
合計予想獲得議席数  4〜6

社民党

非改選1 改選1
比例区予想獲得議席数 0〜1
選挙区予想獲得議席数 0〜0
合計予想獲得議席数  0〜1

諸派、無所属

非改選8 改選6
比例区予想獲得議席数 0〜1
選挙区予想獲得議席数 2〜10
合計予想獲得議席数  2〜11

自民、公明両党は、合わせて予想は63から83議席ということになります。

この数字は、改選124議席の過半数63議席を超える、ということになります。

また、自公両党と憲法改正に前向きな日本維新の会などの「改憲勢力」は、非改選議席と合わせると国会発議に必要な3分の2に迫る勢いになります。

野党では、立憲民主党が改選9議席から15〜24議席が予想されて、大幅増となりそうです。
国民民主党、社民党は議席を減らし、社民党は政党の要件を満たさなくなる可能性があります。

ただし、有権者のうち比例代表で22%、そして選挙区で28%が、投票先を世論調査の時点で決めていません。この層の票の流れは現在不明です。

スポンサーリンク

参議院選挙予想議席数2019!改選議席数について

改選定数は今回の選挙から選挙区が1、比例代表が2増えて124議席、内訳は選挙区74議席、比例50議席となっています。

与党の予想獲得議席数について

自民は32の1人区(改選定数1)は今回の調査によると、7割程度の選挙区で優勢との世論調査結果となっています。
また、東京大阪などの人口が多い県での複数区(改選定数2~6)では全選挙区で1議席を確保しています。
また、それに加え、広島を始め北海道、千葉、東京などの選挙区で2人目の当選を目指しています。
これらを加味して、34〜46議席数が選挙区で見込まれます。
比例区では改選19議席を上回ると見られています。19から22議席が見込まれ、合わせて53〜68議席を獲得すると予想されます。

公明党は改選11議席を上回る勢いがあり、自公両党で改選過半数の63議席を超えると見られています。合わせて、63から83議席です。

与党の予想獲得議席数と憲法改正発議に必要な議席数について

憲法改正の発議には、参院の3分の2以上にあたる164議席が必要となります。
今回の選挙には関係ない非改選の改憲勢力は79議席あります。

よって、今回の参院選でそれらの勢力の合計が85議席に達するかどうかが大きな注目点です。これは、与党以外の野党での議員の当選が必要ということです。

改憲に前向きな姿勢を示している、日本維新の会の選挙状況は、4〜10議席程度の獲得が有力ですが、この政党の勝利の具合がカギを握りそうです。

野党の統一候補について

立憲民主党、国民民主党など野党が候補者を一本化した32の1人区を見てみると、多くの地域で野党系候補の劣勢が目立っており、自民党に太刀打ちできていません。ただ、新潟では優勢です。
無所属候補と自民候補の戦いが、岩手や秋田、山形、新潟、大分などで注目されています。
また、愛媛、沖縄選挙区では無所属候補が優位に立っています。

まとめ

参議院選挙予想議席数2019!日経新聞7月世論調査をまとめました。
与党は過半数以上をとり、改憲に必要な3分の2を取れるかどうか、が注目されます。

<関連情報>
参院選挙2019年の日程公示議席数と投票方法、比例代表について

参院選挙2019予想、立憲民主党について。改選議席数と自公民は過半数?

参院選挙2019年の日程時間期日前投票と社民党の議席予想

参院選挙2019予想、朝日新聞世論調査の結果。参院選改選議席数、与党は過半数を取れるか?

参院選挙2019予想、野党 立憲民主、国民民主、共産、維新、社民、れいわについて

参議院選挙2019は7月21日確定。定数、比例代表制と選挙区制について

スポンサーリンク

-政治について, 日本の政治
-, , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。