旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について

参議院選挙2022年はいつ?改選議席数と議員定数、2016、2019年の結果 立憲民主党の目標は?

投稿日:

参議院選挙について、そして参議院選挙、次の2022年はいつなのか、改選議席数と議員定数、2019年の結果についてまとめました。さらに、立憲民主党の目標は?についてまとめました。

参議院選挙次回2022はいつ?

2019年の参議院選挙は、2019年7月21日投開票でした。

そして、その次の参議院選挙で改選される議員は、2016年7月25日の第24回参議院議員通常選挙(第3次安倍第1次改造内閣)で選出された議員です。その、121議員が改選対象です。そして、2018年7月の公職選挙法改正による参議院議員定数が変更になり、次の選挙でも選ばれる議員数は今回2019年の参議院選挙と同様、124人です。

2016年7月25日に選出された議員方の任期満了日は2022年7月25日です。

公職選挙法にもとづき、参議院議員通常選挙は、議員の任期満了日の30日以内に、公示は投票日の17日前までに行われます。

よって、第26回参議院議員通常選挙は2022年の夏、具体的には、2022年6月25日から7月25日の間の日曜日に行われる予定です。7月10日で調整中とのことです。

参議院の改選議席数と議員定数は?

現在、2019年の選挙の後で、参議院議員の議員数は245人となりました。

2018年7月の公職選挙法改正による参議院議員定数が変更になったため、新しい参議院議員定数は248人です。次回の選挙でこの3人が増えることになります。

参議院の任期は6年ですが、3年ごとに半数の改選が行われます。

2019年7月21日に行われた、第25回参議院議員通常選挙では、124人の参議院議員が選ばれました。

その結果、2019年から2022年までは参議院の議席数が245人となります。

2022年の夏に予定されている、第26回参議院議員通常選挙でも、124人の参議院議員が選ばれます。

この選挙で選ばれた議員を合わせて、2022年から参議院議員数が改定された議席数248人となります。

2017衆議院選挙と2019参議院選挙での世代別政党支持率をまとめて分析しました。
衆議院選挙2017参議院2019の年代別支持政党率、18・19歳は自民支持で立憲民主は高齢層支持

20190722開票速報
参議院選挙2019開票速報、与党は過半数。1人区で自民22勝10敗

参議院選挙2019全議席確定、自民党公明党過半数越え、N国党比例当確、丸山議員に入党呼びかけ

参議院選挙2019全議席確定、自民党公明党過半数越えも改憲の3分の2を満たさず

参議院選挙2019選挙速報!読売新聞、与党過半数超え れいわ 維新共産自民の記事

参議院選挙2019開票速報。自民党公明党過半数超えで安倍首相総裁選4選?

2016年の参議院選挙の結果について

第24回参議院議員通常選挙は2016年7月10日に投開票が行われました。

結果は、自民党が改選前の50を56議席に増やし、さらに、公明党も改選前の9議席を14議席に増やしました。併せて与党70議席となりました。
これで、選挙前の目標であった過半数61議席を大きくこえる大勝利となりました。

一方、民進党は45議席から32議席に激減する惨敗という結果でした。

そして、この後民進党は分離して、すでに消滅しました。

2019年の参議院選挙の結果について

第25回参議院議員通常選挙は2019年7月21日に投開票が行われました。

2019年の参議院選挙の結果について 自民公明

選挙前の首相、自民党の目標は、与党で改選数124の過半数63議席をこえたら勝利であるとラインと設定しておりました。そして、自民、公明の与党はその過半数を超える計71議席を獲得したとはいえ、改選議席77からは6議席を減らしたことになります。

スポンサーリンク

自民党が得た57議席は、2016年参院選の56議席(追加公認含む)を上回りました。ただし、圧勝した2013年の65議席には及びませんでした。自民党の参院での総議席数は、非改選56議席を合わせた113ですが、改選前の123からは減りました。

もう一つの与党、公明党は選挙区選に擁立した7人全員が当選し、比例選の7議席を合わせ、党として過去最多に並ぶ14議席を獲得しました。
公明党の参院背の総議席数は、改選前の25議席から、非改選14を合わせて28に増えました。

与党全体としては、自民と公明合わせて141に与党系無所属3をくわえた144議席となっております。

そして、話題となる、改憲に前向きな議席数は160で、3分の2に足りなくなりました。これに関しては今後野党との議論での切り崩しが予想されています。

2019年の参議院選挙の結果について 野党

野党勢ですが、立憲民主党は比例選で自民党に次ぐ8議席を獲得し、改選9議席から17議席に伸ばしました。
改選8議席の国民民主党は2減の6議席にとどまりました。
旧民進党である、立民、国民両党の議席を合わせると計23議席で、16年に民進党が獲得した32議席を下回っております。
ただし、両党が1人区で支援した無所属の野党統一候補は8人が当選しました。

共産党は改選8議席から1減らしております。日本維新の会は関東でも議席を獲得し、10議席としました。
社民党は改選1議席を死守しました。そして、れいわ新選組は2議席、NHKから国民を守る党は1議席をそれぞれ比例選で獲得しました。

参議院の野党全体としては、101議席となりました。

立憲民主党、参院選比例目標は1300万票

立憲民主党は4月5日の常任幹事会で、夏の参院選比例代表の得票目標を1300万票とすることを決めた。

西村智奈美幹事長は記者会見で「昨年の衆院選でわが党の比例得票は約1150万票だった。そのおよそ1割増しだ」と説明。

令和元年の前回参院選で旧立民の比例得票が約791万票だったことなどを踏まえ、党内には「ハードルは高い。目標に遠く及ばなければ執行部の責任問題になりかねない」との声もある。

出典 news.yahoo.co.jp/articles/f17789d1fc4c3c009a8393d29aa036761b390262

まとめ

参議院数は2019年の選挙の後、245人となりました。
そして、2022年の選挙もまた夏に開催されます。
参議院選挙2016、2019年ともに結果は、与党が過半数をとりました。
参議院は3年ごとに半数が改選されます。また、選挙区制度と比例代表制度の併用方法がとられます。特定枠という新しい方法が2019年から採用されました。立民の目標をまとめました。

<関連情報>

参院選挙2019予想、朝日新聞世論調査の結果。参院選改選議席数、与党は過半数を取れるか?

参院選挙2019予想、東京新聞世論調査。参院選改選議席数、与党は過半数超え?

産経FNN世論調査2018年4月の結果について。内閣政党支持率と麻生大臣辞任への意見の世代格差、ネットとの乖離

ロイター企業調査にて安倍首相続投を望む割合は73%。安定性重視とネットでの評価

読売新聞の最新世論調査の内閣政党支持率2018年4月下旬は?ネットでの支持率との差について

毎日新聞の最新世論調査結果2018年4月について。内閣政党支持率とネット調査の違いについて

2018年4月の日本テレビの世論調査結果、内閣、政党支持率について

世論調査の内閣支持率最新をNHKが発表。2018年4月の政党支持率の推移と調査方法について

衆議院選挙の年代別支持政党率とその分析

スポンサーリンク

-政治について
-, , , , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。