旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

技術革新

ガソリン車からEV車への流れ イギリス、アメリカ、中国の例について

投稿日:

ガソリン車からEV車への流れは世界中で起こっております。
この状況で最新のイギリスの例、それ以外の例についてまとめました。
今後のガソリン車は世界的に制限されそうです。

ガソリン車からEV車への流れ イギリスの例について

英、30年にガソリン車禁止 EV推進へ5年前倒しか

 英紙フィナンシャル・タイムズ電子版は11月14日、英政府がガソリン車とディーゼル車の新規販売を禁じる時期を、従来方針の2035年から30年へと5年早める見通しだと報じました。

温室効果ガスの排出量を50年までに実質ゼロにする目標の達成に向け、電気自動車(EV)の普及を推進する。

スポンサーリンク

ガソリン車からEV車への流れ アメリカ中国の例について

米カリフォルニア州がガソリン車やディーゼル車の新規販売を35年までに禁じる方針のほか、中国でも同年までに一般的なガソリン車の販売ができなくなる方向だ。

巨大な市場であるアメリカと中国のこの政策は当然世界中の自動車メーカーの対策再編成につながることでしょう。

スポンサーリンク

ガソリン車からEV車への流れ イギリスの政策の変更について

英国は2月、ガソリン車やディーゼル車の販売禁止時期を、それまでの計画だった40年から35年に早め、ハイブリッド車(HV)も対象にすると発表していた。
これをさらに早める背景とはなんでしょうか?

英国で21年11月、気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)が開かれることもあり、ジョンソン英首相は環境政策に熱心になっているとみられています。

英政府はプラグインハイブリット車(PHV)の販売禁止時期に関しては、35年という計画を維持する見込みだるとしています。

 

出典 https://www.sankei.com/economy/news/201115/ecn2011150002-n1.html

まとめ

ガソリン車からEV車への流れ イギリスの例について、そして他の国の政策についてまとめました。

スポンサーリンク

-技術革新
-, , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。