旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について

アメリカトランプ大統領、WHOとの決別宣言 ここまでの経緯

投稿日:

新型コロナウイルス、世界中で猛威をふるっております。
アメリカでは感染者が10万人を超えており、トランプ大統領はWHOへの不信感をあらわにしております。
そしてついに、WHOとの決別を宣言しました。
そこで、これまでのアメリカとWHOの経緯などをまとめました。

アメリカトランプ大統領の対応、WHOに最後通告 

トランプ大統領はこのように、一貫してWHOの新型コロナウイルス対策を批判しております。そして、5月18日夜、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイエスス事務局長に書簡を送り、資金を恒久的に引き上げると通告しました。米政府によるのWHOへの資金拠出は世界最大で、2019年は4億ドル以上とWHO予算の約15%を占めております。

書簡の中でトランプ氏は30日間の期限を設け、その間にWHOに「本質的な改善」がみられなければ、何百万人もの命を危険にさらすことになり、アメリカは脱退すると警告を発しました。

WHOは「中国の操り人形だ」という持論をトランプ氏は公表しております。

一方、中国は自分たちは新型コロナウイルスと感染症「COVID-19」について情報を、「オープンに、透明に、責任ある形で、適切なタイミングで出してきた」と主張し、トランプ氏のこうした非難に繰り返し反論しております。

スポンサーリンク

トランプ大統領の書簡の内容について

トランプ氏は書簡でも、WHOは中国からの「独立性が危険なほど欠けている」と批判しました。
また、武漢で新型ウイルスが12月上旬かそれ以前から広がっていたという「信頼できる報告書」と呼ばれるものを、WHOは「一貫して無視していた」と指摘した。WHOが前に進む唯一の方法は、本当に中国からの独立を示した時だとして、その上でWHOに対し、30日以内に「大きな本質的改善」をするよう求めました。ただし、改善の詳細については明確にはしておりません。

そして、変化が見られなかった場合は、アメリカは一時的に停止しているWHOへの資金拠出を恒久的に止め、「加盟について再考」するとしました。

ジュネーブの国連事務局ではちょうど、WHOの最高意思決定機関の世界保健総会がビデオで開かれていました。
トランプ氏からの最後通告は、その総会期間中を意図したものとされております。
この総会では加盟194カ国が、WHOの事業計画や予算を検討する場となっています。今年2020年の総会では、WHOのパンデミック対応が適切だったのかについて、調査を求める声も上がっています。

スポンサーリンク

トランプ大統領 WHOとの関係終了と宣言

2020年5月30日 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200530/k10012451431000.html
アメリカのトランプ大統領は5月29日の記者会見で「WHO=世界保健機関との関係を終わらせる」と述べました。
そのうえで、WHOに対して拠出している資金を別の目的に充てる考えを明らかにしました。

アメリカはWHOの最大の資金拠出国ですが、トランプ大統領は新型コロナウイルスへのWHOの対応が「中国寄りだ」と批判してきました。
今月5月中旬にはテドロス事務局長に書簡を送り、30日以内に実質的な改善が見られなければ、資金の拠出を恒久的に停止し、加盟についても考え直す考えを示していました。

結局、組織に改善が見られなかったというトランプ大統領の判断です。

まとめ

ここまでのアメリカとWHOの間の経緯、トランプ大統領の最終通告、そして決別宣言をまとめました。
今後に注目しましょう。

スポンサーリンク

-政治について
-, , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。