旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について 日本の政治

国政選挙2019年の日程と衆参同日選の安倍首相の最終判断について

更新日:

2019年の夏は参議院選挙が行われるます。
一体、どのような日程なのでしょうか?いつわかるのでしょうか?
安倍首相は衆参同日選に踏み切るのでしょうか?
この日本の国政選挙の最新情報をまとめました。

国政選挙は2019年にある?

そして2019年は参議院選挙の年です!

その最新情報はこちらです。

衆参同日選の見送り論強まる
国会延長なし、消費増税予定通り

政府、与党内で10日、安倍晋三首相が衆参同日選を見送るとの見方が強まった。自民党で、参院選のてこ入れのため衆院候補もフル稼働する同日選が浮上し、首相も検討。政権幹部は「内閣支持率が安定しており参院選単独でも堅調に戦える」と述べた。消費税増税の延期を理由にした衆院解散論もあったが、予定通り10月に増税する公算が大きい。今国会会期末は6月26日。延長はない見通しで、参院選は「7月4日公示―21日投開票」となる。

 首相は12~14日のイラン訪問後、最終判断するとみられる。6月28、29日に大阪で開かれるG20サミットで議長を務めた後、参院選に臨む。

出典
https://this.kiji.is/510627799601267809?c=0

スポンサーリンク

参議院選挙の日程は?

公職選挙法によると、参議院議員は6年で任期が満了します。そして、参議院議員通常選挙は、参院議員の任期満了日の30日以内に行わレます。そして、公示は投票日の17日前までに行われます。

次回の参議院選挙において改選される議員は、2013年7月21日の第23回参議院議員通常選挙で選出された121議員ということになります。

今国会会期末は6月26日であり。さらに、延長はない見通しとの事です
すなわち、参院選は「7月4日公示―21日投開票」となります。

スポンサーリンク

衆参同日選の安倍首相の最終判断は?

依然くすぶる、安倍首相による衆議院解散、解散に伴う衆参同日選、という選挙戦略についてですが、安倍首相は12~14日のイラン訪問後、最終判断するとされています。様々な情報から、最適解を選ぶと思われます。

まとめ

次回の国政選挙、参院選は2019年の夏、7月21日日曜日に開催される見込みです。
前回の参議院選挙は2016年に行われました。結果は与党の圧勝でした。新しく選ばれる議員数は124人に増えました。
衆参同時選の可能性もまだ残っています。

<追記 最新関連情報>
2019年の参議院選挙の日程が7月21日に確定しました。衆参同時選挙は見送られました。

参議院選挙2019は7月21日確定。定数、比例代表制と選挙区制について

<関連情報>
参議院選挙2019年の日程は?衆参同日選の最新情報と投票方法について

参議院選挙次回2019年はいつ?2016年の結果と定数、年齢と方法について

衆議院参議院同日選挙2019はいつ?7月21日?6月30日?

衆参同日選挙2019はいつ?7月21日?8月の可能性について

産経FNN世論調査2018年4月の結果について。内閣政党支持率と麻生大臣辞任への意見の世代格差、ネットとの乖離

ロイター企業調査にて安倍首相続投を望む割合は73%。安定性重視とネットでの評価

読売新聞の最新世論調査の内閣政党支持率2018年4月下旬は?ネットでの支持率との差について

毎日新聞の最新世論調査結果2018年4月について。内閣政党支持率とネット調査の違いについて

2018年4月の日本テレビの世論調査結果、内閣、政党支持率について

世論調査の内閣支持率最新をNHKが発表。2018年4月の政党支持率の推移と調査方法について

衆議院選挙の年代別支持政党率とその分析

スポンサーリンク

-政治について, 日本の政治
-, , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。