旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について 日本の政治

衆参同日選挙2019はいつ?7月21日?8月の可能性について

更新日:

今年は参議院選挙の年となっておりますが、衆参ダブル選挙になる可能性もが高いとされています。
一方、安倍首相の意向ははっきりはわかっておりません。

その選挙の日程に関しても諸説、現在飛び交っております。
ここでは、衆参同日選挙2019年8月説をまとめました。

参議院選挙2019はいつ?

公職選挙法にもとづき、参議院議員通常選挙は、議員の任期満了日の30日以内に、公示は投票日の17日前までに行われます。
次回の参議院選挙で改選される議員は、2013年7月21日の第23回参議院議員通常選挙(第二次安倍晋三内閣時)で選出された議員です。

今年2019年は、通常国会が1月28日に召集されました。
会期は6月26日までの150日間となります。

そして、夏の参院選は会期の延長がなければ、公職選挙法の規定で7月4日公示、21日投開票となります。

すなわち、会期の延長があれば、この予定は変わりうる、ということになります。

スポンサーリンク

衆議院参議院同日選挙2019はいつ?7月21日?

一般的な憶測としては、衆議院をこの7月21日の参議院選挙に合わせて解散させて、この日に衆参同日選挙、という説です。
野党共闘への選挙対策として、自民党の有効な作戦とされています。

そして、他の説として、6月説があります。

衆議院参議院同日選挙2019はいつ?7月21日?6月30日?

さらに、8月説があります。
これをまとめました。

スポンサーリンク

衆議院参議院同日選挙2019はいつ?8月の可能性?

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(4月24日放送)に数量政策学者高橋洋一が出演しました。
この放送で、この8月説を説明しました。

8月に衆参ダブル選挙の可能性

高橋氏は、ここで、いま開いている国会は6月26日が会期末で、それを前提とすると7月21日が投票日となると。そして、最後までやったら21日に限定されてしまいますけれど。その前まで解散できるということがあるでしょう。と説明しています。

これは、7月21日よりも同日選挙を早くしたい場合の想定です。

そして、それを考えると6月30日から国会会期の延長もできるため、8月の中下旬までダブル選挙の可能性はある、と指摘しています。この日程では国会の延長が前提となります。

そして、延長をいつまでするかにもよるが、8月も参院が残っていて、参院選ができるという状況にすることができます。

スポンサーリンク

すなわち、延長によって任期を越えてもできる方法はある、ということです。これによって、安倍総理の政治的な選択肢を広げることが可能となります。

出典
http://www.1242.com/lf/articles/173359/?cat=politics_economy&pg=cozy

まとめ

今年2019年は参議院選挙が7月4日公示、21日投開票となります。
そして、その日に合わせた衆議院参議院同日選挙、さらに8月に同日選挙という説もあります。
今後の情報をアップデートします。

<関連情報>

産経FNN世論調査2018年4月の結果について。内閣政党支持率と麻生大臣辞任への意見の世代格差、ネットとの乖離

ロイター企業調査にて安倍首相続投を望む割合は73%。安定性重視とネットでの評価

読売新聞の最新世論調査の内閣政党支持率2018年4月下旬は?ネットでの支持率との差について

毎日新聞の最新世論調査結果2018年4月について。内閣政党支持率とネット調査の違いについて

2018年4月の日本テレビの世論調査結果、内閣、政党支持率について

世論調査の内閣支持率最新をNHKが発表。2018年4月の政党支持率の推移と調査方法について

衆議院選挙の年代別支持政党率とその分析

スポンサーリンク

-政治について, 日本の政治
-, , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。