旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

健康・ライフスタイルについて

新型コロナウイルス診療手引き改訂、血栓症との関連、重症化マーカー、抗原検査について 

投稿日:

新型コロナウイルス感染拡大が依然として世界中での大きな問題になっております。日本でもまだこれから第二波が来ることは予想されています。
そんな中、厚労省が新型コロナウイルス診療手引きを改訂しました。
症状悪化が血栓症と関連しているとされました。他の項目も含め、これらをまとめました。

新型コロナウイルス診療手引き改訂、血栓症との関連、重症化マーカー、抗原検査について

厚生労働省が新型コロナウイルス感染症の「診療の手引き」を改訂しました。
症状の急速な悪化と血が固まって血管に詰まる血栓症が深く関連していることなど、国内外の研究・報告を基に治療方針などをまとめました。
これは、医療関係者らを対象にしたマニュアルです。厚労省のホームページで公開しており、一般向けにも有益な情報が盛り込まれています。

この、5月18日に第2版に改訂された手引きでは、特に血栓症との関連性を踏まえて治療方針を記載。策定に携わった国際医療福祉大の加藤康幸教授(感染症学)は「肺動脈に血の固まりができると酸素が取り込めなくなる。新型コロナは肺炎を起こすが、血栓症と合併するような病態が今、考えられている」と話す。この血栓症の事例として、若者でも血管が詰まる脳梗塞を起こしたケースに言及した。軽症患者の突然死も血栓症との関係が「示唆される」とし、欧米では、全身の血管に炎症が起きる川崎病のような症状が子供で報告されたことも紹介した。

そして、血中の濃度変化をみることで診療の手がかりとする「重症化マーカー(指標)」の記述を充実。重症化の目安として有効な可能性があるとした。

また、症状を4段階に分類しました。さらに、厚労省が5月13日に承認した抗原検査についても記述。精度の点から、陰性確認目的などでの使用は適さないとしました。

スポンサーリンク

出典 https://www.sankei.com/life/news/200523/lif2005230031-n1.html
https://www.mhlw.go.jp/content/000631552.pdf

新型コロナウイル感染症の診断の手引き

新型コロナウイル感染症の診断の手引きに第二版で追加された記述は以下のとおりです。

・伝播様式 感染可能期間は発症2日前から発症後7−14日程度
・症状 患者の3割で嗅覚・味覚障害、若者や女性に多いとのイタリアの報告
・症状 高齢者,基礎疾患(糖尿病・心不全・慢性呼吸器疾患・高血圧・がん),喫煙歴のある患者で致死率上昇
・症状 若者でも脳梗塞、軽症でも突然死。血栓症との関連示唆
・重症化マーカー 血栓ができると血中濃度が上がる D ダイマーの上昇のほか,CRP の上昇,LDH の上昇,フェリチンの上昇,リンパ球の低下,クレアチニンの上昇が重症化マーカーとして有用な可能性がある。
・検査 現時点では,抗原検査は、無症状者に対する使用,無症状者に対するスクリーニング検査目的の使用,陰性確認等を目的とした使用は,適切な検出性能を発揮できず,適さない.(PCR法と比較して検出に一定以上のウイルス量が必要であることから)

スポンサーリンク

・重症度分類 

重症度分類(医療従事者が評価する基準)は以下の通りです。

軽症

 
酸素飽和度SpO2 ≥ 96% 臨床状態呼吸器症状なし 咳のみ息切れなし
診断のポイント
• 多くが自然軽快するが,急速に病状が進行することもある
• リスク因子のある患者は入院とする

中等症 I 呼吸不全なし 

酸素飽和度 93% < SpO2 < 96% 臨床状態 息切れ,肺炎所見 診療のポイント • 入院の上で慎重に観察 • 低酸素血症があっても呼吸困難を訴えないことがある • 患者の不安に対処することも重要

中等症 II 呼吸不全あり 

酸素飽和度 SpO2 ≤ 93% 臨床状態 酸素投与が必要
診療のポイント
• 呼吸不全の原因を推定
• 高度な医療を行える施設へ転院を検討
• ネーザルハイフロー,CPAP などの使用を
できるだけ避け,エアロゾル発生を抑制

重症

酸素飽和度 指定なし 臨床状態 ICUに入室 or 人工呼吸器が必要
診療のポイント
• 人工呼吸器管理に基づく重症肺炎の2分類 (L型,H型)
• L型: 肺はやわらかく,換気量が増加
• H型: 肺水腫で,ECMO の導入を検討
• L型から H型への移行は判定が困難

まとめ

今年、新型コロナウイルス感染で日本は経済的社会的に大きな問題となっております。
そんな中、厚労省からの新しい診断の手引きについてまとめました。

スポンサーリンク

-健康・ライフスタイルについて
-, , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。