旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

秋の行事について

皇居乾通りの一般公開の混雑状況と紅葉状況について、皇居東御苑についても紹介

更新日:

皇居乾通りの一般公開が2017年12月2日から始まりました。

紅葉が見頃ろのピークを迎えているこの時期、皇居乾通りの一般公開が12月2日から始まりました。この日は好天に恵まれたこともあり、午前9時半時点で約1300人が行列を作って、開門を待っていました。このため、開門が30分早められて、一般公開は午前9時半から始まりました。

2日の午前11時現在で、すでに8000人以上が訪れ、普段は入れない皇居の紅葉を楽しみながら参加者は約750メートルの並木道を散策し、赤色や黄色に色づいたモミジなどを楽しみました。

12月1日に天皇陛下の退位の期日を固める皇室会議が行われた宮内庁庁舎もこの一般公開のコースにあるので、その建物を写真におさめる人も多数見られました。

この乾通りの一般公開は12月10日(日)までの9日間行われます。

そこで、皇居乾通りの一般公開の混雑状況と紅葉状況について、そして皇居東御苑についても紹介します。

乾通りの一般公開の混雑状況について

http://www.kunaicho.go.jp/event/inui.html
このサイトに、一般公開期間中のリアルタイムで坂下門前の待ち時間が表示されます。こちらで現在の状況をご確認ください。
本日12月7日は坂下門前での待ち時間は0分が続いておりました。やはり平日はゆっくり一般公開を楽しみめると思われます。

スポンサーリンク
追記20181112
2018年秋の皇居乾通り一般公開の概要が発表されました。日程時間などまとめました。こちらでご確認ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
皇居乾通り一般公開2018秋開催決定!日程、入場時間、経路、混雑待ち時間とおすすめ参加時間

乾通りの一般公開の紅葉状況について

•12月7日(木)午前9時現在の皇居乾通りの紅葉状況の最新情報について

高木のトウカエデは,葉を落とした枝が目立つようになった。

その他のモミジ類も,見頃を過ぎたものが増えつつあるので、一般公開の期間は12月10日(日)までですが,葉が落ちる前にお早めに行くことが推奨されます。

皇居東御苑の紅葉状況について

また、乾通りの途中にある西桔橋や,乾通りの出口からすぐ近くにある北桔橋門から入園できる皇居東御苑では,各種の紅葉がまだまだ見られるということなので、時間に余裕がある人はそちらも散策するのもいいでしょう。

皇居東御苑には,乾通りの途中の右側にあるから入れるほか,大手門,平川門、からも入れます。入園は無料です。9時00分~16時00分まで入れます。地図は下の通りです。

皇居へのアクセスは、東京駅周辺のホテルが非常に便利です。おすすめ情報をまとめましたのでご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
東京駅周辺のおすすめホテルを紹介

まとめ

乾通りの紅葉は葉が落ちかけてきている木も目立ってきた。特に唐楓などが目立っている。一方、皇居東御苑では各種の紅葉がまだまだ見られるので、時間に余裕があれば、そちらの方にも足を運んでみるのもきれいな紅葉がまだ見られるオススメです。

ところで、乾通りとは皇居のどの場所を指すのかわからない人もいると思いますので、地図とともにまとめました。
こちらでご確認ください。
皇居乾通りについてと一般公開2017の日程と歩き方について

<関連記事>
皇居乾通り一般公開と事前予約、入場料金、アクセスと混雑について

皇居乾通りについてと一般公開2017の日程と歩き方について

スポンサーリンク

-秋の行事について
-, ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。