旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について

参議院選挙2022年はいつ?改選議席数と議員定数、2016、2019年の結果 年代別支持政党とその分析

投稿日:

参議院選挙について、そして参議院選挙、次の2022年はいつなのか、改選議席数と議員定数、2019年の結果についてまとめました。さらに、以前の衆議院選挙の年代別支持政党率とその分析についてまとめました。

参議院選挙次回2022はいつ?

2019年の参議院選挙は、2019年7月21日投開票でした。

そして、その次の参議院選挙で改選される議員は、2016年7月25日の第24回参議院議員通常選挙(第3次安倍第1次改造内閣)で選出された議員です。その、121議員が改選対象です。そして、2018年7月の公職選挙法改正による参議院議員定数が変更になり、次の選挙でも選ばれる議員数は今回2019年の参議院選挙と同様、124人です。

2016年7月25日に選出された議員方の任期満了日は2022年7月25日です。

公職選挙法にもとづき、参議院議員通常選挙は、議員の任期満了日の30日以内に、公示は投票日の17日前までに行われます。

よって、第26回参議院議員通常選挙は2022年の夏、具体的には、2022年6月25日から7月25日の間の日曜日に行われる予定です。7月10日で調整中とのことです。

参議院の改選議席数と議員定数は?

現在、2019年の選挙の後で、参議院議員の議員数は245人となりました。

2018年7月の公職選挙法改正による参議院議員定数が変更になったため、新しい参議院議員定数は248人です。次回の選挙でこの3人が増えることになります。

参議院の任期は6年ですが、3年ごとに半数の改選が行われます。

2019年7月21日に行われた、第25回参議院議員通常選挙では、124人の参議院議員が選ばれました。

その結果、2019年から2022年までは参議院の議席数が245人となります。

2022年の夏に予定されている、第26回参議院議員通常選挙でも、124人の参議院議員が選ばれます。

この選挙で選ばれた議員を合わせて、2022年から参議院議員数が改定された議席数248人となります。

2017衆議院選挙と2019参議院選挙での世代別政党支持率をまとめて分析しました。
衆議院選挙2017参議院2019の年代別支持政党率、18・19歳は自民支持で立憲民主は高齢層支持

20190722開票速報
参議院選挙2019開票速報、与党は過半数。1人区で自民22勝10敗

参議院選挙2019全議席確定、自民党公明党過半数越え、N国党比例当確、丸山議員に入党呼びかけ

参議院選挙2019全議席確定、自民党公明党過半数越えも改憲の3分の2を満たさず

参議院選挙2019選挙速報!読売新聞、与党過半数超え れいわ 維新共産自民の記事

参議院選挙2019開票速報。自民党公明党過半数超えで安倍首相総裁選4選?

2016年の参議院選挙の結果について

第24回参議院議員通常選挙は2016年7月10日に投開票が行われました。

結果は、自民党が改選前の50を56議席に増やし、さらに、公明党も改選前の9議席を14議席に増やしました。併せて与党70議席となりました。
これで、選挙前の目標であった過半数61議席を大きくこえる大勝利となりました。

一方、民進党は45議席から32議席に激減する惨敗という結果でした。

そして、この後民進党は分離して、すでに消滅しました。

2019年の参議院選挙の結果について

第25回参議院議員通常選挙は2019年7月21日に投開票が行われました。

2019年の参議院選挙の結果について 自民公明

選挙前の首相、自民党の目標は、与党で改選数124の過半数63議席をこえたら勝利であるとラインと設定しておりました。そして、自民、公明の与党はその過半数を超える計71議席を獲得したとはいえ、改選議席77からは6議席を減らしたことになります。

自民党が得た57議席は、2016年参院選の56議席(追加公認含む)を上回りました。ただし、圧勝した2013年の65議席には及びませんでした。自民党の参院での総議席数は、非改選56議席を合わせた113ですが、改選前の123からは減りました。

もう一つの与党、公明党は選挙区選に擁立した7人全員が当選し、比例選の7議席を合わせ、党として過去最多に並ぶ14議席を獲得しました。
公明党の参院背の総議席数は、改選前の25議席から、非改選14を合わせて28に増えました。

与党全体としては、自民と公明合わせて141に与党系無所属3をくわえた144議席となっております。

そして、話題となる、改憲に前向きな議席数は160で、3分の2に足りなくなりました。これに関しては今後野党との議論での切り崩しが予想されています。

2019年の参議院選挙の結果について 野党

野党勢ですが、立憲民主党は比例選で自民党に次ぐ8議席を獲得し、改選9議席から17議席に伸ばしました。
改選8議席の国民民主党は2減の6議席にとどまりました。
旧民進党である、立民、国民両党の議席を合わせると計23議席で、16年に民進党が獲得した32議席を下回っております。
ただし、両党が1人区で支援した無所属の野党統一候補は8人が当選しました。

共産党は改選8議席から1減らしております。日本維新の会は関東でも議席を獲得し、10議席としました。
社民党は改選1議席を死守しました。そして、れいわ新選組は2議席、NHKから国民を守る党は1議席をそれぞれ比例選で獲得しました。

参議院の野党全体としては、101議席となりました。

参議院の半数改選方法について

参議院選挙で改選されるのは、先ほども説明した通り、3年ごとに半数が改選されます。

これによって、一斉に参議院議員の入れ替わる、といった、政治的な空白が起こらないようになっております。

一方、衆議院はこのように選挙日によって二回の選挙はありませんが、内閣総理大臣によって解散される可能性は常にあります。

参議院の解散はありません。

議員の改選方法

議員の改選方法はどうなっているのでしょうか?

まずは、投票者についてです。

選挙権を有する者とは、満18歳以上の日本国籍を有する者です。

そして、立候補できる人についてです。

被選挙権を有する者とは、満30歳以上の日本国籍を有する者です。

一方、衆議院議員には満25歳以上の日本国籍を有する者が立候補可能です。

この年齢の違いは、公職選挙法で定められています。参議院は良識の府と位置付けられており、より年齢が高い人が、より長い人生と経験で、知識が豊富で人格がより鍛えられ、必要とされる冷静な政治的判断をくだすことができるであろう、と解釈されています。

スポンサーリンク

参議院選挙の選挙区

参議院議員改選選挙は、選挙区選出議員選挙(選挙区選挙)と、比例代表選出議員選挙(比例代表選挙)の二つが同時に行われます。
2019年の選挙では、一回の選挙で改選される議員定数124のうち、選挙区からは74人、比例区からは50人が選出されました。

参議院選挙の改選選挙区は、原則として全国の各都道府県(ただし、鳥取県・島根県、徳島県・高知県はそれぞれ2県の区域とされる)の区域を単位として選挙区を設置、全国で45の選挙区に分けられています。その各選挙区に、人口に応じて2~12人の定数を配分しています。例えば、東京の選挙区で12人、大阪、神奈川の選挙区で8人となっています。

2018年7月の公職選挙法改正による参議院議員定数が変更され、参院定数が6も増えました。埼玉選挙区の定数を6から8に増やし、比例代表は96から100になりました。

これによって、参議院総定数は242から248となりました。

2019年、2022年に、埼玉選挙区は一人、比例代表区は二人それぞれ増えます。3人ずつを二回にわたって増やして6人参議院議員を増やします。

参議院選挙2019の特定枠について

さらに2019年の選挙から、比例代表には拘束名簿式の「特定枠」を新設されました。これは、あらかじめ政党が決めた順位に従って当選者が決まる、すなわち「特定枠」が設けられます。

この「特定枠」に関しては、使うかどうか、そして、いかにを使うか、例えば、何人を適用するかについては、各党が自由に決めることができます。

例えば、れいわ新撰組はこの「特定枠」で、二人の重度の身体的にハンディキャップがある候補者を立てて、その二人が当選、100万票近く集めた山本太郎党首が落選するということが起こりました。

衆議院選挙での年代別支持政党率

日本経済新聞の 以前2017年の衆議院選挙の出口調査の結果によると、

有権者全体での支持政党とその率は
自民党  36.0%
希望 11.8%
立憲民主 14.0%
公明 5.4%
維新 3.8%
共産 5.3%
社民 1.1%
その他 3.8%
支持政党なし 18.8%

そして、18、19歳の支持政党とその率は
自民党  39.9%
希望 10.7%
立憲民主 7.0%
公明 6.5%
維新 3.9%
共産 3.3%
社民 1.0%
その他 3.7%
支持政党なし 24.1%

という結果です。

(出典は https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22561000S7A021C1EA2000/

若年層の多くが自民党を支持している、という傾向がこの選挙結果ではっきりしています。希望の党は既にありません。

世代別の政党支持率

テレビ朝日の出口調査によると世代別にもっと厳密に調べられていました。
(出典、テレビ朝日の出口調査のテレビ報道より)

自民党の世代別支持率
18、19歳  47%
20代    49%
30代    40%
40代    35%
50代    32%
60代    30%
70歳以上  37%

公明党の世代別支持率
18、19歳  9%
20代    9%
30代    9%
40代    10%
50代    11%
60代    10%
70歳以上  10%

立憲民主党の世代別支持率
18、19歳  12%
20代    12%
30代    16%
40代    19%
50代    22%
60代    24%
70歳以上  20%

日本維新の会の世代別支持率
18、19歳  6%
20代    7%
30代    9%
40代    9%
50代    7%
60代    6%
70歳以上  4%

日本共産党の世代別支持率
18、19歳  6%
20代    5%
30代    6%
40代    7%
50代    7%
60代    9%
70歳以上  9%

スポンサーリンク

世代別支持率の分析

年代別に自民の支持率をみると、20代までは40%後半の支持率である一方、40~60代はいずれも30%台前半だった。

立憲民主党は高齢層の支持率が高かったが、10~30代ではそれほど高い支持は得られていない。そして、共産党も高齢層のほうが若年層より支持率が高い、という結果となった。

若者の方がより革新的な志向を持ち、より左的な党への信頼が高かった、と一般的には信じられていたが、実はそれは昭和の時代で終わった話だったのかもしれない。

昭和に若い時代を生きたその年代がそのまま中高齢者になって、彼らの志向は変わらず、一方、若者はその後の平成の不況や世界のより複雑となった現実を見つめて、責任がある、そして安定感のある与党政党に人気が集まっているのであろう。

また、情報を得る方法として、インターネットにリアルタイムでアクセスしている若いネット世代と、テレビしか見ない、もしくはメジャーな新聞への権威がまだ残っている年齢層、その世代間の支持政党の傾向の違いが顕著になったとも考えられる。そして、そのテレビ世代の絶対的数はこれから減る一方である。

今後長い目で見る民意の流れとしては、ネットでの情報の可視化、マスコミの民意誘導に嫌悪感を抱く世代が増えて行くことにより、さらにより保守的な政党が支持を集める方向に向かうのではなかろうか。

まとめ

参議院数は2019年の選挙の後、245人となりました。
そして、2022年の選挙もまた夏に開催されます。
参議院選挙2016、2019年ともに結果は、与党が過半数を撮りました。
メディアによる衆議院選挙の出口調査での年代別支持政党率をまとめました。若い世代には自民党が支持が高く、一方、60代の世代では立憲民主党や共産党の支持が比較的高いことなどがわかりました。これらの世代間の支持政党の差は、生きてきた世代の社会状況や、情報を得る方法がネットと新聞の差である事が影響していると考えられます。

<関連情報>

参院選挙2019予想、朝日新聞世論調査の結果。参院選改選議席数、与党は過半数を取れるか?

参院選挙2019予想、東京新聞世論調査。参院選改選議席数、与党は過半数超え?

産経FNN世論調査2018年4月の結果について。内閣政党支持率と麻生大臣辞任への意見の世代格差、ネットとの乖離

ロイター企業調査にて安倍首相続投を望む割合は73%。安定性重視とネットでの評価

読売新聞の最新世論調査の内閣政党支持率2018年4月下旬は?ネットでの支持率との差について

毎日新聞の最新世論調査結果2018年4月について。内閣政党支持率とネット調査の違いについて

2018年4月の日本テレビの世論調査結果、内閣、政党支持率について

世論調査の内閣支持率最新をNHKが発表。2018年4月の政党支持率の推移と調査方法について

衆議院選挙の年代別支持政党率とその分析

スポンサーリンク

-政治について
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。