旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について

皇居 新年一般参賀2023年1月2日の開催検討中か 宮内庁

投稿日:

新年一般参賀2023年1月2日の開催検討中か 宮内庁 についてまとめました。

新年一般参賀 皇居 3年ぶりに実施検討 感染状況見極め判断

毎年、正月2日に皇居で行われる新年一般参賀について、宮内庁が3年ぶりに実施する方向で検討していることが関係者への取材で分かりました。
今後、新型コロナウイルスの感染状況を慎重に見極めて判断する方針です。皇居では毎年新年を迎えた正月2日に一般参賀が行われていて、令和になって初めてとなったおととしは、天皇皇后両陛下が上皇ご夫妻や皇族方とともに宮殿のベランダに立たれ、6万8700人余りが訪れました。

しかし去年とことしは、新型コロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえ見送られました。

関係者によりますと、来年の新年一般参賀については3年ぶりに実施する方向で検討しているということで、宮内庁は事前応募の形式にして人数を大幅に絞り、参観者にマスクの着用を呼びかけるなど感染対策を講じることにしています。また、春のサクラや秋のモミジの時期に一般公開してきた皇居の「乾通り」の並木道についても、11月下旬に公開する方向で調整しているということです。

スポンサーリンク

宮内庁は、いずれの行事も今後の感染状況を慎重に見極めて実施の判断をする方針です。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221027/k10013871601000.html

まとめ

令和4年1月2日の新年一般参賀については,新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から,行われていません。

令和5年は検討中です。 宮内庁から発表がありましたらご報告します。

<関連記事>
天皇誕生日2017一般参賀の人数とご挨拶のお言葉、お出ましされた皇室の方々と祝賀会について

一般参賀正月2018が開催!混雑と待ち時間や注意事項について

天皇誕生日一般参賀2017が開催!混雑と待ち時間や注意事項について

一般参賀天皇誕生日2017の参加方法で申し込みは必要か?服装と規制、写真撮影について

天皇陛下の生前退位に関するニュース、お言葉、そして有識者会議から特例法制定への流れについて

天皇陛下の退位時期の決定と改元元号について。退位後の称号は上皇

皇室の新年一般参賀への申し込みは必要か?服装と行き方

新年一般参賀の人数と回数と混雑状況並びに待ち時間について

皇居ライトアップ2017も開催!期間時間と場所とインスタ映えスポットについて。注意事項も紹介

スポンサーリンク

-政治について
-, , , , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。