旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について 日本の政治

天皇誕生日2019はどうなる?いつ変更?12月23日は祝日になる?

投稿日:


宮内庁の写真

2019年4月30日に天皇陛下が御譲位されて、上皇になられます。
2018年12月23日が天皇陛下としての最後の天皇誕生日となりました。

そこで、今後の天皇誕生日はどうなるのでしょうか?

天皇誕生日2019はどうなる?いつ変更?12月23日は今後祝日になる?これらについて、現在わかっていることをまとめました。

天皇誕生日2019はどうなる?

日本政府が発表した2019年の祝日によると、2019年は、1948年の祝日法の施行以来、天皇誕生日がない初めての年となることが決定しました。

すなわち、2019年には天皇誕生日という祝日はありません。

この理由としては、誕生日が12月23日の天皇陛下が2019年4月30日に譲位されること。そして、2月23日の皇太子さまが同年5月1日に新天皇に即位されることによります。

皇太子殿下は2019年2月23日に59歳となられますが、この時点では皇太子殿下であり、天皇陛下ではありません。

一方、今上天皇陛下は86歳となられる2019年12月23日には、既に御譲位されておられており、天皇誕生日ではなくなっておrます。

スポンサーリンク

天皇誕生日はいつ変更?

では、今後の天皇誕生日はいつ変更になるのでしょうか?
2020年には現在の皇太子殿下が天皇になられておられます。
よって、2020年からの天皇誕生日は2月23日となります。

すなわち、天皇誕生日が変更される日は、2020年2月23日です。

この日、皇太子殿下は60歳になられます。

スポンサーリンク

現在の天皇誕生日12月23日は今後どうなる?

報道によりますと、これから数年は、この12月23日は日本の祝日になる、ということはなさそうです。
しかし、昭和天皇の誕生日である4月29日は現在、昭和の日という祝日になっております。

昭和天皇の誕生日である4月29日は、平成元年(1989年)1月7日の御崩御直後に、祝日法改正で「みどりの日」として国民の祝日とされました。
平成19年(2007年)からは「昭和の日」と名称が変更されて今に至ります。

また、明治天皇の誕生日である11月3日は現在文化の日、祝日となっております。
これは、御崩御から15年後の1927年に明治天皇を偲ぶべく「明治節」として新たに祝日として制定され、 戦後の1948年に、11月3日は「国民の祝日に関する法律」によって「文化の日」と改められた。という経緯があります。

このように、今後、12月23日が祝日になる可能性は残されていますが、現在のところ、それは決定されておりません。

ただし、大正天皇の誕生日は祝日になっておりません。

まとめ

天皇誕生日2019はどうなるのか、そして天皇誕生日はいつ変更されるのか、今上天皇の誕生日の12月23日はどうなるのかについてまとめました。

<関連情報>

新年の一般参賀2018の参加人数について。天皇陛下のお言葉とお出まし時間、出席された皇室を紹介

皇太子殿下の誕生日と御年齢は?天皇誕生日変更やお名前などの情報も紹介

天皇誕生日2017一般参賀の人数とご挨拶のお言葉、お出ましされた皇室の方々と祝賀会について

天皇誕生日の今後と天皇陛下のご年齢お名前苗字ならびに何代目かについて

スポンサーリンク

-政治について, 日本の政治
-, , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。