旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について 日本の政治

天皇誕生日の今後と天皇陛下のご年齢お名前苗字ならびに何代目かについて

更新日:

12月23日は日本の祝日です。

天皇陛下のお誕生日を祝い、この日は日本の祝日となっております。

そこで、天皇誕生日について、陛下のご年齢、そしてお名前苗字と、初代から何代目なのかなどまとめました。

天皇誕生日はどうなる?

天皇誕生日は、日本の国民の祝日です。平成元年より日付は12月23日です。

2017年6月16日に公布された「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」において、国民の祝日に関する法律の改正も盛り込まれており、同法の施行による皇太子徳仁親王の即位に伴い、2020年から国民の祝日たる天皇誕生日も2月23日に変更される予定となっております。

また、この変更に伴い、今上天皇のご誕生日にあたる12月23日は、新しい祝日が制定される予定となっております。

また、代替わりとなる2019年は、2月23日は皇太子の天皇即位前であり、また、12月23日は今上天皇の退位後のため、天皇誕生日は設定されない見込みとなっております。

スポンサーリンク

天皇陛下のご年齢は?

天皇陛下は、1933年12月23日生まれ、現在83歳です。

1933年(昭和8年)に東京府東京市麹町区(現:東京都千代田区)宮城(現:皇居)内の産殿にて誕生されました。

そして、2017年12月23日のお誕生日で84歳になられます。
1933年生まれの著名人としては、以下の方々があげられます。

1月2日 – 森村誠一、小説家
1月11日 – 岡田茉莉子、女優
1月25日 – コラソン・アキノ、元フィリピン大統領(+ 2009年)
1月25日 – 生島治郎、小説家(+ 2003年)
1月26日 – 藤本義一、小説家(+ 2012年)
2月1日 – 渡辺貞夫、ジャズサックスプレイヤー
2月18日 – オノ・ヨーコ、音楽家・芸術家
3月1日 – 南田洋子、女優(+ 2009年)
3月8日 – 高木ブー、お笑いタレント・ザ・ドリフターズメンバー
3月16日 – 浅利慶太、演出家・劇団四季創設者
4月10日 – 永六輔、元放送作家、タレント、作詞家、エッセイスト(+ 2016年)
4月11日 – 中西太、元プロ野球選手
4月13日 – 藤田まこと、俳優(+ 2010年)
6月6日 – 篠沢秀夫、学習院大学名誉教授・TBS「クイズダービー」レギュラー解答者(+ 2017年)
7月17日 – 淡路恵子、女優(+ 2014年)
7月23日 – 北原三枝、元女優、石原プロモーションの代表取締役会長、石原裕次郎記念館館長
7月26日 – 吉田義男、元プロ野球選手・プロ野球監督(阪神)、野球解説者
8月1日 – 金田正一、元プロ野球選手・プロ野球監督(ロッテ)、野球解説者、日本プロ野球名球会会長
8月9日 – 黒柳徹子、日本初のテレビタレント、ユニセフ親善大使、作家
8月16日 – 菅原文太、俳優(+ 2014年)
8月18日 – ロマン・ポランスキー、ポーランドの映画監督
8月21日 – 菅原洋一、歌手
10月22日 – 草笛光子、女優
10月24日 – 渡辺淳一、小説家(+ 2014年)
10月27日 – 半村良、小説家(+ 2002年)
10月28日 – ガリンシャ、元サッカー選手(+ 1983年)
11月4日 – 池内淳子、女優(+2010年)
11月8日 – 若尾文子、女優
11月21日 – 平幹二朗、俳優・演出家(+ 2016年)
12月1日 – 藤子・F・不二雄、漫画家(+ 1996年)
12月6日 – 宍戸錠、俳優
12月26日 – 児玉清、俳優、司会者(+ 2011年)

(wikipediaより引用)

天皇陛下の苗字とお名前は?

天皇家、そして天皇陛下には苗字はありません。

今上天皇と表記される事がありますが、その意味は、在位中の天皇のことをさします。
お名前は明仁、あきひと、様です。

そして、皇后陛下もご成婚後は苗字はなく、美智子様となりました。

その理由としては、古代の日本において、氏と姓は天皇が臣下に与えるものであったので、与える側の天皇は持たなかったということが挙げられます。

天皇および皇族は、皇統譜令に基づく皇統譜に記載されており、これによって、天皇及び皇族は、戸籍法の適用を受けていません。

ただし、皇族には苗字に代わる「宮号」があり、これは宮家の当主である皇族男子に与えられる、○○宮様、という形式の称号です。

これは、皇族男子が宮家を新設して、独立して生計を立てる際に天皇より与えられる称号です。この宮家は、宮家の当主である皇族男子に世襲されて、○○宮と代々称します。

また、この家名の「宮」とは別に、日本の皇族には、幼少時に「○○宮」という形式の呼び名、称号が与えられます。
これは、天皇または皇太子の子女にのみに与えられています。
その称号としての宮は、以下の通りになります。

• 今上天皇 – 継宮(つぐのみや)
• 皇太子徳仁親王 – 浩宮(ひろのみや)
• 秋篠宮文仁親王 – 礼宮(あやのみや)
• 清子内親王 – 紀宮(のりのみや)
• 愛子内親王 – 敬宮(としのみや)

天皇陛下は何代目?

天皇陛下は、初代の神武天皇から数えて日本の第125代天皇(在位: 1989年(昭和64年)1月7日 – )です。

そして、この125代のうち、第37代・斉明天皇と第35代・皇極天皇、第48代・称徳天皇と第46代・孝謙天皇は同一人物であり、このように一度退位した天皇が再び位に就くことを重祚、再祚といいます。よって、天皇の総数は123人とされます。

ただし、初期の天皇の実在性には諸説あり、初代の神武天皇から数代の天皇の実在を否定する説と肯定する説があります。

まとめ

現在の天皇誕生日は12月23日です。皇太子殿下の即位に伴い、2月23日に変更となる予定です。
天皇陛下は只今83歳で、今年の誕生日で84歳になられます。
天皇陛下には苗字はなく、お名前は明仁様です。
幼少時は称号としての宮様として、継宮さまと呼ばれていました。
神武天皇から数えて、第125代の天皇です。

<関連記事>
皇太子殿下の誕生日と御年齢は?天皇誕生日変更やお名前などの情報も紹介

天皇誕生日2017一般参賀の人数とご挨拶のお言葉、お出ましされた皇室の方々と祝賀会について

一般参賀天皇誕生日2017の参加方法で申し込みは必要か?服装と規制、写真撮影について

天皇誕生日一般参賀2017が開催!混雑と待ち時間や注意事項について

天皇誕生日一般参賀の時間と混雑状況ならびに人数について

皇居二重橋とアクセス行き方について。東京駅と地下鉄駅から歩き方

一般参賀正月2018が開催!混雑と待ち時間や注意事項について

皇居ライトアップ2017も開催!期間時間と場所とインスタ映えスポットについて。注意事項も紹介

スポンサーリンク

-政治について, 日本の政治
-, ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。