旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

日々の暮らし

皇居二重橋 のアクセスと行き方について。東京駅と地下鉄駅からの歩き方

更新日:

天皇誕生日の一般参賀が12月23日に皇居で開催されます。また、正月1月2日にも一般参賀が開催されます。

この一般参賀の参入門は皇居正門(二重橋)です。

しかし、一般の人、東京に住んでない人には、皇居正門、二重橋は、写真は見たことがあっても、どこにあるのかわからないという人も多いでしょう。

そこで、二重橋についてと、皇居正門へのアクセスと歩き方について、東京駅と地下鉄の駅からの歩き方をまとめてみました。

皇居二重橋とはどこを指すの?

二重橋は、東京都千代田区千代田の皇居内にある橋の通称です。

正確には皇居正門から長和殿へ向かう途上にある、二重橋濠に架かる鉄橋のことを指し、本来の名称は正門鉄橋です。

正門石橋が二重橋だと誤認されることがよくありますが、厳密には、この石橋の奥にある正門鉄橋が「二重橋」です。

ただし、一般には正門外石橋と正門内鉄橋の二つを併せて正門鉄橋と正門石橋の二つの総称として二重橋とする総称が用いられることもあります。

正門には皇宮警察の皇宮護衛官の儀仗隊が常駐しており、通常は一般人は二重橋を渡ることはできません。ただし、事前に手続きをして皇居の参観をする場合また、新年や天皇誕生日の皇居一般参賀時には正門が開放され渡ることができます。
地図はこちらです。

東京駅から近いことがわかりますね。

皇居へのアクセスは、東京駅周辺のホテルが非常に便利です。おすすめ情報をまとめましたのでご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
東京駅周辺のおすすめホテルを紹介
スポンサーリンク

皇居二重橋へのアクセス行き方について

皇居二重橋へのアクセス行き方について。電車で行く場合と地下鉄を利用する場合を説明します。

二重橋へのJR東京駅からの歩き方

JR東京駅からのアクセスですが、まず、丸の内中央口から出ます。そして東京駅中央口の交差点を渡り、行幸通りを、和田倉門交差点に向けて歩きます。

二つ目の交差点がその和田倉交差点で、日比谷通りと交差しております。これを横切りさらに和田倉濠を渡ると、そこから左手が広い皇居前広場です。

内堀通りを左折してしばらく歩くと二重橋前の交差点です。

これを右折して皇居方向に太い道を歩くと、突き当たり左に正門石橋があります。ここまで徒歩約15−20分です。

二重橋はこの奥です。普通の日には入ることはできません。

二重橋への地下鉄千代田線二重橋前駅からの歩き方

東京メトロ千代田線の二重橋駅からのアクセスですが、日比谷通りを皇居を右手に南に歩いて、しばらくして右折してお濠を渡ると皇居前広場です。徒歩8-10分 です。

二重橋への地下鉄都営三田線日比谷駅からの歩き方

地下鉄都営三田線日比谷駅からのアクセスですが、日比谷公園を左に見ながら内堀通りを北西に向けて歩くと、お堀を渡る交差点です。これを渡ると皇居前広場です。徒歩7-10分です。

まとめ

皇居正門二重橋は、皇居正門から長和殿へ向かう途上、二重橋濠に架かる鉄橋を指します。一般参賀では、参入門となります。二重橋へのアクセス歩き方を東京駅と二重橋前駅、日比谷駅からをまとめました。
東京の真ん中にある、広々とした心が落ち着く場所です。

<関連記事>

天皇誕生日2017一般参賀の人数とご挨拶のお言葉、お出ましされた皇室の方々と祝賀会について

皇居ライトアップ2017も開催!期間時間と場所とインスタ映えスポットについて。注意事項も紹介

皇室の新年一般参賀への申し込みは必要か?服装と行き方

一般参賀正月2018が開催!混雑と待ち時間や注意事項について

天皇誕生日一般参賀2017が開催!混雑と待ち時間や注意事項について

一般参賀天皇誕生日2017の参加方法で申し込みは必要か?服装と規制、写真撮影について

天皇誕生日の今後と天皇陛下のご年齢お名前苗字ならびに何代目かについて

皇居乾通りの一般公開の混雑状況と紅葉状況について、皇居東御苑についても紹介

皇居乾通り一般公開と事前予約、入場料金、アクセスと混雑について

皇居乾通りについてと一般公開2017の日程と歩き方について

スポンサーリンク

-日々の暮らし
-,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。