旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について

新年皇居一般参賀 令和5年2023年1月2日の開催 事前予約について 宮内庁

更新日:

新年皇居一般参賀2023年1月2日の開催 事前予約について 宮内庁 をまとめました。

皇居新年一般参賀 3年ぶりに実施

新年一般参賀」来年1月2日に3年ぶり実施 事前申し込みの抽選制に 宮内庁発表

宮内庁は、「新年一般参賀」を3年ぶりに実施すると発表しました。参加は事前申し込みの抽選制となります。 「新年一般参賀」は、天皇皇后両陛下や皇族方が皇居・宮殿のベランダに立ち、国民の祝賀に応えられるものです。 今年と去年は新型コロナの感染拡大で中止されていましたが、宮内庁は来年1月2日に「新年一般参賀」を3年ぶりに実施すると発表しました。 時間を分けて6回行われますが、新型コロナ対策のため1回の参加者を1500人程度に絞り、参加者の間隔を1メートル以上あけるということです。 インターネットか往復はがきによる事前申し込みが必要で、申込者多数の場合は抽選となります。 申し込みは18才以上で、申し込み1件につき2人まで。1回から6回までのどの回を希望するかを明記する必要があり、複数回の申し込みは無効となります。 宮内庁によりますと、「新型コロナの感染拡大や大雪などの場合には中止されることがある」ということです。 インターネットによる受付は宮内庁のホームページできょう11月2日午前9時に始まります。

申し込み方法

新年一般参賀2023開催決定 宮殿東庭参賀の事前申込み 宮内庁

こちらに詳細をまとめました。

スポンサーリンク
https://news.yahoo.co.jp/articles/50b1c07fbd49baabcb8a8b9b9139325c7a8c7c1c

新年一般参賀、3年ぶり再開へ 予約制の方針、乾通りは今秋公開へ

毎年1月2日に皇居で行われる新年の一般参賀について、宮内庁が3年ぶりに再開する方向で調整していることが10月27日、関係者への取材で分かった。
新型コロナウイルス禍を考慮し、予約制とする方針とのことです。
例年春と秋の年2回行う皇居・乾通りの一般公開も今秋に3年ぶりに実施する方向で、近く正式に決定し、発表する見通し。
 新年一般参賀は、天皇、皇后両陛下や皇族らが皇居・宮殿の長和殿のベランダに立ち、国民から祝賀を受けられる行事。宮内庁は感染対策として、長和殿前の東庭に人が密集するのを避けるため事前予約制として人数を絞り、東庭を複数の区画に分けて参賀者を整理する方法を検討している。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/210450

<関連記事>
天皇誕生日2017一般参賀の人数とご挨拶のお言葉、お出ましされた皇室の方々と祝賀会について

一般参賀正月2018が開催!混雑と待ち時間や注意事項について

天皇誕生日一般参賀2017が開催!混雑と待ち時間や注意事項について

一般参賀天皇誕生日2017の参加方法で申し込みは必要か?服装と規制、写真撮影について

天皇陛下の生前退位に関するニュース、お言葉、そして有識者会議から特例法制定への流れについて

天皇陛下の退位時期の決定と改元元号について。退位後の称号は上皇

皇室の新年一般参賀への申し込みは必要か?服装と行き方

新年一般参賀の人数と回数と混雑状況並びに待ち時間について

皇居ライトアップ2017も開催!期間時間と場所とインスタ映えスポットについて。注意事項も紹介

スポンサーリンク

-政治について
-, , , , , , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。