旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について 日本の政治

翁長沖縄知事死去と2018年沖縄県知事選の影響

更新日:

2018年、沖縄県府知事選挙が予定されています。注目を集めているこの選挙ですが、8月8日、現職の翁長知事が死去されました。
前哨戦の名護市市長選挙、そして知事の死去の選挙への影響をまとめました。

2018年沖縄県知事選の前哨戦について

沖縄県知事選は、現職の翁長雄志知事の任期が今年12月9日に満了となるため、11月中の選挙が想定されていました。

そして、その選挙の趨勢を占う前哨戦として、名護市の選挙が今年注目されていました。
現職の稲嶺氏は、社民党・日本共産党・自由党・沖縄社会大衆党・民進党・立憲民主党が推薦しており、彼は辺野古への移設反対を選挙戦でも表明しておりました。

しかしながら、新人の渡具知武豊氏に得票率9.2%の差をつけられの落選となりました。一方、渡具知武豊氏は基地移転についてはっきりとした意見を述べることは選挙を通じてしないという戦法をとりました。

この前哨戦の影響は、現在のところ県知事選にどう出るかは混沌としてきました。

スポンサーリンク

翁長県知事 入院中の浦添総合病院で死去

 沖縄県知事の翁長雄志氏が8日午後7時までに、膵臓(すいぞう)がんのため入院中の浦添総合病院で死去したことが分かった。67歳だった。米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古への新基地建設への反対を訴え、2014年の県知事選で初当選。新基地建設反対を最後まで貫いた。

出典
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/295992

ご冥福をお祈りします。

沖縄県知事選への影響

沖縄県知事選は、現職の翁長雄志知事の任期が今年12月9日に満了となるため、11月中の選挙が想定されていました。

しかしながら、翁長知事の死去に伴い知事職不在となったため、沖縄県知事選挙は前倒しになります。

まとめ

沖縄県知事選が今年予定されています。
前哨戦とされていた、沖縄県名護市長選挙は、現職が新人の自民党が推薦する議員に敗れました。
そして、現職の翁長知事が8月8日死去しました。
ご冥福をお祈りします。
今後の選挙への影響についてまとめました。

<関連情報>
2018年沖縄県知事選の日程についてー翁長沖縄知事死去に伴う前倒し

若い世代の内閣支持率と男女差を世論調査の結果より説明。憲法改正に関する世論は?

共同通信の最新世論調査結果2018年2月について。内閣支持率と次期自民総裁、政党支持率について

衆議院選挙の年代別支持政党率とその分析

立憲民主党の公約と政策、立憲主義のまとめ。最新支持率は?

衆議院選挙の仕組みと小選挙区と比例代表、比例ブロックについて

参議院選挙は次回はいつ?選挙制度、選挙区制と比例代表制について

衆議院選挙制度と与党の現在の議席数並びに目標、安定多数と委員会の運営について

衆議院解散の仕組みと選挙への流れ、理由と意味、論点について

衆議院選挙による議席数変化。与党が3分の2以上を獲得したことについて

参議院の政党別議席数と与党野党の比率について

国会の与党野党の意味と現在の議席数について

国会での与党と野党の質問時間の割り当て変更の意義と問題点について

国会での野党の質問時間削減へのFNN朝日毎日新聞の世論調査結果の違いの分析

年代別自民党支率と若者の保守化についての毎日新聞の記事への考察

スポンサーリンク

-政治について, 日本の政治
-, ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。