旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について 日本の政治

年代別内閣政党支持率とその分析–朝日新聞の世論調査より

投稿日:

2017年秋の第48回衆議院総選挙は、改正公職選挙法で選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に下げてから初めての衆院選で、若い世代の投票傾向に注目が集まりました。出口調査によると、若い世代での自民党支持の傾向は明らかです。
その傾向は現在どうなっているでしょうか?
それでは、最新の朝日新聞の世論調査による内閣支持率と、昨年の政党支持率を年代別にまとめ、分析しました。

年代別内閣支持率、若者世代は?朝日新聞の世論調査

朝日新聞の2018年8月の調査の結果によると、

全体での内閣支持率は
支持  38%
不支持 41%

でした。

そして、29歳以下の内閣支持率は

支持  56%
不支持 22%

という結果です。

(出典はhttp://www.asahi.com/politics/yoron/)

若年層の多くが安倍内閣を支持している、という傾向がこの結果ではっきりしています。

スポンサーリンク

年代別内閣支持率、他の世代は?朝日新聞の世論調査

朝日新聞の2018年8月の調査の結果によると、

30ー39歳以下の内閣支持率は

支持  39%
不支持 32%

40ー49歳以下の内閣支持率は

支持  38%
不支持 41%

という結果です。

若い層の多くが安倍内閣を支持している、という傾向、そして、年齢が上がるにつれて不支持が増えていく、というのがこの結果ではっきりしています。

年代別内閣支持率、高齢者世代は?朝日新聞の世論調査

朝日新聞の2018年8月の調査の結果によると、

50ー59歳以下の内閣支持率は

支持  34%
不支持 49%

60ー69歳以下の内閣支持率は

支持  28%
不支持 54%

70歳以上の内閣支持率は

支持  38%
不支持 45%

これで見ると、60−69歳世代における安倍内閣の支持率の低さは全体で見ても以上と言えます。

そして、70歳以上の高齢者になると支持率が再び上昇します。

年代別内閣支持率の分析

この、若者に人気の安倍内閣の高齢者での不人気の異常さ何を意味しているのでしょうか?

これは、若い頃から受けていた戦後の反動での偏重教育がまず関係すると思われます。そして、定年退職後に何で情報を得ているかによってこの差が出ます。

すなわち、テレビと新聞からの情報に偏り、ネットという新しいデバイスに対応できていないこの60−69歳の層が、まさにマスコミがターゲットとしている層となります。

さらに、40歳以上で日中家でテレビを見ている主婦層もこれらのマスコミの情報により操作されていることが容易にわかります。

すなわち、マスコミの安倍氏への個人攻撃、人格攻撃、バッシングの結果がこの世論結果に現れています。

そして、若い世代はその欺瞞を多様なネット情報で容易に知ることができるため、影響されないのです。

世代別の政党支持率

ちなみに、昨年の総選挙直後の結果、政党支持率は以下の通りです。
(出典、テレビ朝日の出口調査のテレビ報道より)

自民党の世代別支持率
18、19歳  47%
20代    49%
30代    40%
40代    35%
50代    32%
60代    30%
70歳以上  37%

公明党の世代別支持率
18、19歳  9%
20代    9%
30代    9%
40代    10%
50代    11%
60代    10%
70歳以上  10%

希望の党の世代別支持率
18、19歳  16%
20代    14%
30代    17%
40代    18%
50代    18%
60代    18%
70歳以上  16%

立憲民主党の世代別支持率
18、19歳  12%
20代    12%
30代    16%
40代    19%
50代    22%
60代    24%
70歳以上  20%

日本維新の会の世代別支持率
18、19歳  6%
20代    7%
30代    9%
40代    9%
50代    7%
60代    6%
70歳以上  4%

日本共産党の世代別支持率
18、19歳  6%
20代    5%
30代    6%
40代    7%
50代    7%
60代    9%
70歳以上  9%

スポンサーリンク

世代別政党支持率の分析

年代別に自民の支持率をみると、20代までは40%後半の支持率である一方で、40~60代はいずれも30%台前半という結果です。

これも、安倍内閣と自民党へのマスコミでの攻撃がによるものです。

立憲民主党は高齢層の支持率が高かったが、10~30代ではそれほど高い支持は得られていない。そして、共産党も高齢層のほうが若年層より支持率が高い、という結果となった。

若者の方がより革新的な志向を持ち、より左的な党への信頼が高かった、という言説は昭和の時代で終わりました。

若者は平成の不況や世界のより複雑となった現実、そして経済も雇用もはるかに良くなっている、という安倍内閣の功績を素直に評価して、責任がある、そして安定感のある与党政党に人気が集まります。

また、野党とマスコミの欺瞞さはテレビ以外のネットでの情報が有用と思われます。

情報を得る方法として、インターネットにリアルタイムでアクセスしている若いネット世代と、テレビしか見ない、もしくはメジャーな新聞への権威がまだ残っている年齢層、その世代間の支持政党の傾向の違いがいまだに顕著と言えます。

まとめ

朝日新聞による最新の世代別内閣支持率、昨年秋の衆議院選挙の出口調査での年代別支持政党率をまとめました。若い世代には安倍内閣と自民党が支持が高く、一方、60代の世代では異常に低いことがわかりました。これらの世代間の支持政党の差は、生きてきた世代の社会状況や、情報を得る方法がネットと新聞の差である事が影響していると考えられます。

<関連情報>

2017年12月10日の時点のNHKの世論調査の結果

世論調査の内閣支持率最新をNHKが発表。政党支持率の推移と調査方法について

なお、若い世代の自民党支持率が高いこと、若者の保守化については幾つかの考察がされていますが、毎日新聞の考察とその分析は以下のリンクにまとめました。

年代別自民党支率と若者の保守化についての毎日新聞の記事への考察

追記
10代から20代にかけての安倍内閣支持が圧倒的に高いという結果が産経の調査で明らかになっています。
産経新聞社とFNNによる自民党総裁選の世論調査の結果、自民党支持層での安倍首相の優位につい

出典
http://www.asahi.com/politics/yoron/

日本の国会に関する記事のリンク集

<関連情報>
最新の政治状況の関連情報のリンクはこちらです。
野党と連携したマスコミによる内閣への攻撃が激化しておりますが、ネットでの世論調査の結果との乖離が目立っております。

産経FNN世論調査2018年4月の結果について。内閣政党支持率と麻生大臣辞任への意見の世代格差、ネットとの乖離

ロイター企業調査にて安倍首相続投を望む割合は73%。安定性重視とネットでの評価

読売新聞の最新世論調査の内閣政党支持率2018年4月下旬は?ネットでの支持率との差について

毎日新聞の最新世論調査結果2018年4月について。内閣政党支持率とネット調査の違いについて

2018年4月の日本テレビの世論調査結果、内閣、政党支持率について

世論調査の内閣支持率最新をNHKが発表。2018年4月の政党支持率の推移と調査方法について

衆議院選挙の年代別支持政党率とその分析

若い世代の内閣支持率と男女差を世論調査の結果より説明。憲法改正に関する世論は?

共同通信の最新世論調査結果2018年2月について。内閣支持率と次期自民総裁、政党支持率について

沖縄名護市長選挙の結果と世代間の支持率について。基地移設と知事選への影響についても説明

衆議院選挙の仕組みと小選挙区と比例代表、比例ブロックについて

参議院選挙は次回はいつ?選挙制度、選挙区制と比例代表制について

衆議院選挙制度と与党の現在の議席数並びに目標、安定多数と委員会の運営について

衆議院解散の仕組みと選挙への流れ、理由と意味、論点について

衆議院選挙の年代別支持政党率とその分析

衆議院選挙による議席数変化。与党が3分の2以上を獲得したことについて

参議院の政党別議席数と与党野党の比率について

国会の与党野党の意味と現在の議席数について

国会での与党と野党の質問時間の割り当て変更の意義と問題点について

国会での野党の質問時間削減へのFNN朝日毎日新聞の世論調査結果の違いの分析

年代別自民党支率と若者の保守化についての毎日新聞の記事への考察

スポンサーリンク

-政治について, 日本の政治
-, ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。