旅行、スポーツや気になるトリビア情報などについての情報を発信します。- Information Station from Japan –

十人十色ブログ

政治について 日本の政治

国政選挙2019年の日程と参議院改選について

更新日:

2017年10月22日日曜日に行われた衆議院選挙の結果、与党は安定多数を得ました。これによって安倍政権が国民の信任を得て、長期政権となっております。

ところで、衆議院と参議院では、異なる選挙日程と改選制度を持っております。

そこで、今後の国政選挙の日程、参議院改選について情報をまとめました。

国政選挙は2019年にある?

参議院選挙は2018年にはありませんでした。
今年は沖縄の知事選が大きな注目を集めました。

そして2019年は参議院選挙の年です!

<追記 最新情報>
2019年の参議院選挙の日程が7月21日に確定しました。衆参同時選挙は見送られました。

参議院選挙2019は7月21日確定。衆参同日選見送りの理由、消費税増税について

参議院選挙2019は7月21日確定。定数、比例代表制と選挙区制について

スポンサーリンク

参議院選挙の日程は?

公職選挙法によると、参議院議員は6年で任期が満了します。そして、参議院議員通常選挙は、参院議員の任期満了日の30日以内に行わレます。そして、公示は投票日の17日前までに行われます。

次回の参議院選挙において改選される議員は、2013年7月21日の第23回参議院議員通常選挙で選出された121議員ということになります。

この議員の方々の任期満了日は2019年7月28日です。

よって、第25回参議院議員通常選挙は2019年の夏となります。さらに具体的には、6月28日から7月28日の間の日曜日の間に行われます。

さらに、最新情報では、投開票は7月21日の可能性が強いとされています。

参議院選挙の次回の改選数について

2018年7月18日に参院定数を6増やす改正公職選挙法が可決、成立しました。
これは、埼玉選挙区の定数を6から8に増やし、比例代表を96から100にするものです。
これによって、参議院総定数は242から248となりました。

次回の選挙で248人の半数、すなわち124人の議員が誕生することになります。

参議院の議員定数と改選について。選挙次回2019年の改選議席数と時期は?

まとめ

次回の国政選挙、参院選は2019年の夏、6月28日から7月28日の間の日曜日に開催されます。
前回の参議院選挙は2016年に行われました。結果は与党の圧勝でした。新しく選ばれる議員数は124人に増えました。

<関連情報>
産経FNN世論調査2018年4月の結果について。内閣政党支持率と麻生大臣辞任への意見の世代格差、ネットとの乖離

ロイター企業調査にて安倍首相続投を望む割合は73%。安定性重視とネットでの評価

読売新聞の最新世論調査の内閣政党支持率2018年4月下旬は?ネットでの支持率との差について

毎日新聞の最新世論調査結果2018年4月について。内閣政党支持率とネット調査の違いについて

2018年4月の日本テレビの世論調査結果、内閣、政党支持率について

世論調査の内閣支持率最新をNHKが発表。2018年4月の政党支持率の推移と調査方法について

衆議院選挙の年代別支持政党率とその分析

スポンサーリンク

-政治について, 日本の政治
-, , , ,

Copyright© 十人十色ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。